写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

いやはや・・・・・。

2017.05.10

category : カメラ・レンズ

あまり機材には、興味がない方なんですが。




Model : SOYOKA


続きはこちら >>

tags : カメラ ソニー SOYOKA 

comment(0)  trackback(0)

いつの間にか1年

2014.10.13

category : カメラ・レンズ

いつの間にか、このカメラを使い始めて1年が過ぎていた。




Model : 中田 舞


続きはこちら >>

tags : レンズ 中田舞 

comment(0)  trackback(0)

試し撮りでございます。

2012.05.07

category : カメラ・レンズ


さて、試し撮りをしてきました。





Model : メグ


続きはこちら >>

tags : モデル デジカメ メグ 撮影 

comment(0)  trackback(0)

RTSⅢ

2008.09.27

category : カメラ・レンズ


先日はRTSⅢにSonnar180mmを付けてみた。

おっ、重い・・・・・。





Model  : 篠宮絵梨


続きはこちら >>

tags : Zeiss レンズ カメラ オートフォーカス 

comment(0)  trackback(0)

デジ・アナ論争

2008.02.04

category : カメラ・レンズ

ちょっと前までは、デジカメと銀塩の論争があったものです。
その時、何故か引き合いに出されたのが、CDとレコード





Model  : 樹音



続きはこちら >>

tags : 写真 デジタル アナログ 銀塩 

comment(0)  trackback(0)

本を探しに

2007.11.28

category : カメラ・レンズ

最近オープンした大型書店へ行ってみる。
これだけ大きなお店なら、専門書なんかもたくさんあるのかな?




Model  : 綾瀬花鈴



続きはこちら >>

tags : デジカメ モデル カメラ カメラマン 

comment(3)  trackback(0)

Distagon 25mm

2007.07.09

category : カメラ・レンズ

銀塩フィルムしか使わないカメラマンも少なくなりましたようで。
しかも私のように、ポートレートには単焦点レンズ
といった人は、誠に稀な存在となってしまったようです。



ColorNet撮影会より



続きはこちら >>

tags : 銀塩フィルム 単焦点 ポートレート 焦点距離 レンズ カメラ 

comment(2)  trackback(0)

撮りたいと撮れない

2007.03.09

category : カメラ・レンズ

初心者の中には、どんなカメラでどんなレンズを揃えたらよいのか? といった質問がよくあります。
これは困った質問です。
カメラの性能や特徴は解説できても、使う本人にとってそのカメラが最適なカメラかどうかは本人が決めるしかありません。
まるで、「私は運転免許を持っていないのですが、車は外車が良いですか? 国産車が良いですか?」 と聞いているようなもの。
まず最初にどんな写真が撮りたいのか。
それを決めましょう。
そうすれば、おのずと必要なレンズが解ってくるはずです。

特殊な場合を除いて、どんなレンズでも撮れない写真の分野はないでしょうね。
分野によって、どのレンズが向いているかは勿論ありますが。

さて、初心者ではないカメラマンも、撮りたい写真に苦しんでいるのが現実です。
自分はどんな写真を撮りたいのか。
人の作品を見て、それが良い作品か否かは判断できるものです。
ところが、自分が撮りたい写真はどんな写真かを具体的にイメージするのは難しい。
撮りたい写真のイメージが固まっていても、実際に写真にして残すには様々な条件をクリアしなくてはいけない。
時間や天候、季節など、すべてが揃わなくては撮れない写真が多くあります。

人の写真を見て批評するのは容易なことなんです。
では自分が同じ写真を撮影するとなると?
実現させるには、多くの課題があることに気がつくはずです。
出来上がった写真にあれこれ言うことは易しくても、実際の撮影現場で「こうした方が良いよ、何故なら○○だから」と理論的に説明できる人は少ない。

撮りたくても、撮れない写真の実に多いことか。
写真を残すということは、自分を残すということ。
自分を開拓し挑み続けることは、楽しくもあり苦しい道程でもありますね。



tags : 写真 レンズ カメラマン 初心者 カメラ 

comment(2)  trackback(0)

Carl Zeiss 

2007.01.13

category : カメラ・レンズ

 最近、私の周りでもZeissレンズを使い始めている人が増えているようです。
以前に使っていたが手放して、今また改めて揃え始めようかと考えている人もちらほら。
デジカメにもマウントアダプターで使用できるとあれば、手持ちのボディで撮影できますから手軽なわけです。
こうした使い方は、そのままレンズの描写を楽しむ。
あるいは表現の幅を広げることが出来るわけですから、楽しさ倍増ですね。

さて、Zeissレンズと他のレンズとはどう違うのか。
これは、以前からいろいろ言われてきたことですが、いくつか伝説めいたお話も残っているようです。
おっと、その前にZeissと言っても私の場合はY/CのZeissしか使っておりませんので、あしからず。
具体的に何処がどう違うのかと言うと、私には良く解りません。
他のレンズと比べたことがありませんので、はっきりとした事が言えません。
しかもデジカメも持っておりませんので、コメントのしようがありません。
おしまい。

と言うわけにも行かないので、もう少し書いてみますね。
欠点ならばいくつか上げることが出来ますよ。
たぶんこんな事、あんまり書く人いないかもしれませんが。

 まず、絞りリングのクリックが甘い。
このリングの硬さには個体差がありますが、撮影中にずれてしまうんですよ。
私の場合、ポートレートは絞っても2.8まで。
光の条件によっては4くらいまで絞ることもありますが。
ところが撮影している最中に、これがいつの間にかずれている。
それに気付かずに撮影している事がしばしばあるんですね。
出来れば中間でもクリックできるようになっていればよいと思います。
2と2.8の中間でカチッと止まるように成っていると良いですね。
以前にこのお話をある掲示板に書いたところ、「クリックはむしろ無いほうが良い」と反論された人がいました。
でも、この人ほんとに撮影しているのかな?
クリックがないと絞り値を変えながら連続して撮影したい時、いちいちファインダー内の表示で確認しなくてはなりませんよね。
クリックがあると、指の感触でどの値になっているか解りやすいと思うのですが・・・・。
まぁ~、これ自体、写りにはなんら関係ないのでたいした問題ではないのですが・・・・。
次回は写りそのものに関して、ちょっと書いてみましょうか。

Model 川村里菜





にほんブログ村 写真ブログへ

tags : Zeiss レンズ マウントアダプター ポートレート カメラ 

comment(4)  trackback(0)

デジカメと銀塩と その2

2006.12.20

category : カメラ・レンズ

 さて、デジカメ銀塩のお話の続きを少し。

 デジカメ銀塩カメラも、写真はみな理屈で成り立っていますね。
光の量を絞りとシャッターで制御し、レンズの描写力で結像させます。
光による化学反応であった銀塩写真が、今は電気信号に取って代わろうとしています。
 しかし、良い写真の条件は理屈でははかれません。
それは人が持つ感性によって創られ、判断されるからです。
つまり、カメラはあくまでも道具であると言うこと。
しかし、出来上がってきた写真に少しでも表現力を与えたいのなら、今のところ銀塩写真に軍配が上がるでしょう。
この表現力こそが写真に命を与える。

 とくにCCDの小さなデジカメ銀塩に比べるとレンズの画角が望遠側にシフトされてしまいます。
そうなると、同じボケを得ようとしても思うようにならない。
ボケや超広角の歪みなどは写真ならではの表現ですから、こうした絵作りを使わない手は無いわけです。
もちろん、デジカメにも良いところがあります。
レンズのイメージサークルの中心部を使うわけですから、口径食や周辺光量落ちには有利なわけです。

 暗いところで撮影するなら、デジカメの感度を上げてやると簡単に撮れる訳で、明るいレンズなんて必要ない。
便利なズームが一本あれば、それでOK。
ズームのリングをくるくる回して、出来上がり。
これでは、表現に工夫や幅を持たせようと考えなくなるのもうなづけます。
そもそも、明るいレンズと暗いレンズの違いは絞り二段の違い。
なのに値段がずいぶん違う。
そんなふうにしか認識していない人も多いのかもしれない?
短焦点とズームの描写の違いをきちんと認識して使い分けている人は、はたしてどれくらいいるだろうか。

 現像が上がってきて、そのポジを覗き込むときのワクワクする気持ち。
最高の一枚を手に入れたときの、あの天にも昇るような至福の一瞬。(これはめったに無い)
そして、ボツ写真ばかりだった時の、奈落の底に突き落とされたような絶望感。(これはしょっちゅうある)
そんなこんなを含めて、銀塩写真の楽しさを知らずに過ごすのはもったいないと思うのです。

Distagon 35mm F1.4





にほんブログ村 写真ブログへ

tags : デジカメ  写真 カメラ レンズ 銀塩 

comment(0)  trackback(0)

Old |  to Blog Top

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad