写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

撮影会の撮り方(コツ編)

2007.05.03

category : ポートレート

さて、ここからはコツといったもののお話になります。

いわゆる囲みの撮影では、思いどうりの写真を撮るのは難しい。
でも、まったく作品にならない、といった事もないでしょう。
やはりコツがあります。
まず、モデルさんを何処に立たせるのか。
これを最初に決めるわけですが、ここにはじっくりと時間を掛けたほうが良いでしょう。
良い光があるのなら、無条件にそこを選びます。

とはいっても、モデルさんを何処に立たせるのかは主催者や指導の先生が決めたりしますね。
ではカメラマンは何処をどう工夫すればよいのか。

背景を選ぶんです。

つまり、背景は暗く落とすのか、ぼかした時に美しくなる背景を選ぶのか、色彩的に使える場所を選ぶのか。
あるいは状況の説明に使える背景を選ぶのか。
モデルさんの周りをぐるりと一周して、どの位置から撮るとどんな背景になるのかを観察します。
そうして自分が立つ位置を決めます。
写真は引き算」といった言葉を聴きますが、ポートレートにもそれはあてはまります。
1cm、2cmとカメラを動かしながら、出来るだけ余計なものを排除できる撮影ポジションを探し出します。

「この位置から撮ると、背景は暗くなる。」
「したがってモデルさんは、まるでスポットライトを当てたように浮かび上がる。」
「新緑の葉が光っている。 この光をボカすと点光源になって画面にアクセントを創ることが出来る。」
「このとき一番ふさわしいレンズは何か、また、絞りはいくつにするか」
そんな事を計算に入れて背景を選ぶわけです。

良くカメラマンから「目線をください!」と声がかかりますね。
慣れたモデルさんなら順番に目線を回してくれるものです。
「あのモデルさんは声をかけても目線をくれない」などと思わずに、撮影に集中しましょう。
そもそもファインダーを覗いたままで声をかけても、誰に呼ばれたのかモデルさんには解らないこともあるんです。
いちいちモデルさんが応えていたら、目線があっちに行ったりこっちに行ったりで落ちつきません。
手で合図するだけでも、モデルさんにはちゃんと伝わりますから。

そして、ポージングの指示は具体的に伝えなくてはなりません。
「もっと、こうして」
などと言っても、モデルさんには伝わりにくいものです。
わかり辛い指示は混乱を招くだけ。
不慣れなモデルさんは、動きがぎこちないのも当然ですから、根気良く指示を出してあげて欲しいものです。
この指示の出し方の上手い下手で、モデルさんが持つカメラマンに対する印象は大きく変わってしまいます。
的確な指示でよいポーズがとれた時、今まさに素晴らしい写真が出来上がろうとしている瞬間は、モデルさんにも伝わるものなのです。
そうしたポージングへと導いてくれるカメラマンは、モデルさんからも信頼されることでしょう。

さて、撮影会に参加する人のなかには、大きな荷物を持ってくる人もいますね。
ほとんどの人がデジカメですから、フィルムを持って歩く必要はないはずです。
しかもズームを使っている人が多いのだから、どうしてそんなに荷物がたくさんいるのだろうと、不思議に思ってしまいます。
私はウエストバックにレンズを2本とフィルム。
レンズを付けたカメラは1、2台を首から下げれば両手が空きます。
撮影会では身軽が一番。
大人数の撮影会では「この場所ではよいものが撮れないな」と判断したら、すぐに主催者や指導の先生を観察したものです。
つまり、次の撮影場所を予測していち早く移動するわけ。
そして、その場所にぴったりのレンズに交換して、自分の撮影ポジションを確保しておきます。
他のカメラマンがカメラをバックに納め、フウフウ言いながら歩いてきて、またバックからカメラを取り出しレンズを交換している間に、こちらはモデルさんに好きなポーズを注文してすでに撮り終わっている。
もっぱらそんな事を繰り返して撮影していたもんです。
実はこうしたところで、大きな差が出来てしまうことを知っている人は少ない。
フットワークの良し悪しは、とても大事なんです。

持ち歩くのはレンズが3~4本。
すべて単焦点ですから、軽くて小さい。
レンズフードを付けていても、ウエストバックに入ってしまいます。
ズームだとそうは行きませんね。
明るい望遠ズームだとカメラバックにしか収まらないでしょう。
ズームは便利なレンズですが、ポートレートには最適かというと、はたしてどうでしょう。
大きく、重くて暗いズーム
ズームにしか撮れないポートレート写真は、はたして存在するのか?
私には明るい単焦点のほうがずっと価値がある。
カメラ2台に35mmと85mmのレンズをそれぞれ付けておく。
その場で使い分ける。
中間の焦点域は自分が動けば事足りる。
これでF1.4の標準ズームの出来上がり。
85mmと180mmならF1.4~F2.8の望遠ズームに早変わり。
後は広角の小さいレンズをポケットに入れておけば、不自由することはない。
それぞれカラーとモノクロを入れて使い分けるといったことも可能だ。

撮影会の形態も、以前に比べると少しづつ変わって来ました。
カメラマンもフィルムカメラからデジカメへと。
万人が望むような写真が撮れる撮影会はあり得ませんが、工夫次第で自分なりの写真を撮ることは可能です。

あまり難しいことは考えずに、結果を気にする事無く楽しく進めることが大事ですね。
そして、本当に撮りたい写真があるのなら、個撮でその機会を作れば良い。
そうした時のために、撮影会での撮影は役に立つと思います。


ColorNet撮影会より

関連記事

tags : モデル 写真 ポートレート カメラマン 撮影会 ズーム 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad