写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

良い環境は

2012.10.03

category : ポートレート


良い作品を撮る為には、良い環境が必要なんだね。









つくづく、そう感じますね。

ただ、この環境は自ら作り上げなくては成らない部分もあって。
そこに苦労をするわけです。

ポートレート気軽に撮影しようと思えば、そんなに難しい事ではない。
毎週のように、どこかで撮影会はやっているわけです。

何も心配する事など無い。
ちゃんと撮れる訳です。

それでは、自分が思い描いた写真を撮る為には、何が必要なのか。
と、考えた時に。
それを撮るための環境を整えなくてはならない、ということに気がつくわけです。

それは、お手軽に
というわけには行かない。
誰かがお膳立てをしてくれるはずも無い。

何の苦労もしないで、よい写真が撮れるなら。
それに越した事は無い。
余計な苦労などしないほうがいい。


しかし、苦労と努力は別のもの


努力を積み重ねれば、苦労しないで良い写真に近づく事は出来る。

それこそが、もっとも良い環境なんだな。








関連記事

tags : 写真 ポートレート 

コメント

お金で買える環境?

田口様

大阪や名古屋なんかは、スタジオでの
撮影会があります
関西のハコスタなんかでは、すべての部屋で
撮影すれば、写真集がつくれるような設備です
主催する撮影会なんかは、少人数制なので
そこそこ目線もちょっとしたポーズのリクエストも
OKです、そんな写真がコンテストで入選する
こともあります、というよりフォトコンやCAPAの
ポートレート部分では、そういう写真が八割です
場所とモデルと機材と撮影会主催者の力で
生まれた作品が審査員に評価されます。

2012.10.04  あわおやじ  編集

あわおやじ さん

なるほど、これはお金が掛かりそうですね。

勿論、撮った本人がその写真を得るために払う代償なら、何も言うことはないですね。
自分が撮りたいと思った写真を得ようとするには、そうした環境を使う必要があるということでしょう。
スタジオでなくては撮れない写真があるから、スタジオを使う。

ただし、その写真が本当に撮りたかった写真なのか?
それが自分の作品として胸を張れるのか?
いつも自問自答していたいと思っています。

2012.10.04  H.T House 田口  編集

審査の基準は、公平?

田口様

そーなんですよ
フォトコンやCAPAのポートレート部門のコンテストでは、
写真に写っている女性が魅力的かどうか・・なんですよね
これがアサヒカメラや日カメのカラープリント部門だと
どう撮るか?とかの要素もはいってきます
しかし女性写真を撮影しているものとしては、女性写真と
ジャンルを限定しているフォトコンのポートレート部門には、
一度は、入選してみたいです、しかし女性写真は、料理と同じと
いわれては、いますが審査員には、材料費という概念は、無く
口に入れてうまいか?超うまいか?なんですよね、松坂牛も
フィッシュカツも同じ土俵にのぼっちゃうんですよね、
製作費いくら?お値段いくら?をかんがえないということは、
ある意味、公平でまたある意味、とても不公平なんですよね。

2012.10.06  あわおやじ  編集

フォトコンでなく

失礼
フォトコンでなくフォトテクでした
まだフォトテクニックデジタルになるまえは、
ポートレート部門は、グラビアや写真集の
第一線で活躍されている山岸 伸さんが
審査員を担当されていて彼の選考で入選して
みたかったのですが毎回、落選(悲)
審査員がかわった現在でも落選地獄は、継続中です(笑)。

2012.10.06  あわおやじ  編集

あわおやじ さん

私はあまり熱心に写真雑誌を見ていませんが、傾向としては可愛い女の子を可愛く写した写真が多いように思いますね。
あまり個性的な写真は見受けられないように感じます。
つまり、撮影会の主催者があつらえてくれた環境をお金で買って出来上がった写真。
と言うことなのかな?

コンテストと言うのは、選者の好みが出てしまいますからね~。

それこそ、モデルさんの容姿の好みがそのまま写真の評価になったりして(笑

2012.10.06  H.T House 田口  編集

私は「いい写真」にする努力といえば「ロケハン」ですね。撮影日程と同じくらい時間をかけます。
テクニックを磨くことはあまりやってないなぁ。というかぜんぜんしてないからうまくならない。

CAPAとかはあまり見ていませんが
コンテストなんてどうでもいいっちゃどうでもいいじゃないですか。
あんまし気にする必要はありませんよ。

2012.10.06  おーくま  編集

プロとアマを分割?

田口様 おーくま様

私もポートレートは、個人撮影、できれば、
衣装、小道具もすべて自分で用意したい派です
もっとぜいたくいうとモデルは、みずから
スカウトしてきた素人のお譲さんがいいです、
となると時間もお金も手間もかかりますよね
でもコンテストは、プロモデルが有利です
できれば、女性写真専門のカメラ誌なんか
できてプロモデル部門、素人モデルさん部門、
セルフ部門とか奥さん恋人部門とか細分化してほしいですね
素人モデルさんと奥さん恋人だと素人で同じじゃないか?
と思われますが同じじゃなんいんですよね(笑)。

2012.10.06  あわおやじ  編集

みなさんアツイっすね(笑)
ナニを表現したいのか、その表現のための準備
イロイロあると思いますが。

スッカスカの写真にだけはならないように
気をつけています。

2012.10.06  フジタ  編集

あわおやじ さん

>衣装、小道具もすべて自分で用意したい

う~ん、解りますね~。

創り上げたい写真が明確にあるからこそ、そうした欲求が湧いてくるものですね。

プロと素人のモデルさんの定義ってのは、かなり曖昧ですが、その実力も曖昧だと思いますよ。
むしろ、欲しい絵にはまってくれるモデルさんというのは、プロの中にいるかな?

素人のモデルさんの中にも、素晴らしい存在感を持ったモデルさんはいますよ。

2012.10.06  H.T House 田口  編集

おーくま さん

うん、ロケハンは大事ですね。

ここで出来上がる写真の方向性が決まっちゃう事もありますね。

コンテストに関しては、励みや楽しみといったスタンスが、理想的かなと思います。


2012.10.06  H.T House 田口  編集

フジタ さん

>スッカスカの写真

そうそう、スッカスカの写真ね(笑

解っちゃうんだよね~。
一枚の写真が出来上がるまでの過程ってのが。

勿論、そんな写真ってのは、いかにも「撮影会で撮りました!」
なんて写真だったりするわけ。

もっと恐ろしいのが、なによりモデルさんに伝わってしまったりするから。
手を抜けないんだよ(笑

2012.10.06  H.T House 田口  編集

怪獣怪人カード

田口様 フジタ様

スッカスカの写真というのは、
こっちいう怪人怪獣カード(のような)写真の
ことですね
撮影会ベテランの関西のモデルさんが
いうには、カメラのことは、しらない..
でもモデルさんが好き、女の子が好き、私の
事が好き、好きと
いうタイプの撮影会参加者が相手だと仕事的には、
楽でやりやすいそうです
でも撮影後に渡される写真なんかは、もらっても
うれしいものでもないので困るそうです
もらってうれしいのは、個人撮影の仕事を依頼して
くれたカメラマンさんがそのときの写真で入選した
カメラ誌だそうです。

2012.10.07  あわおやじ  編集

あわおやじ さん

ナルホド。

いわゆる、追っかけカメラマンにはニッコリ笑って適当にポーズをつけておけば、喜んでおとなしく撮っているから楽なんでしょうね。

出来上がる写真は、だいたい想像がつきますね。

2012.10.07  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad