写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

好みってのは

2013.01.22

category : ポートレート


好みってのは、やっぱり出るもんだね。





Model : 佐々木柚花



写真にも好みってのは、あるもんですね。
風景は撮るけど、人物には興味ないとか、ポートレート以外は見向きもしないとか。

写真が好き、ってことは共通していても、違う分野の写真には、それほど詳しくない。
もっともな事ですね。

特にポートレートの場合には、この好みってのがハッキリと現れたりします。

それがモデルさんの好みにまで及ぶと、まぁ~好きにやってちょうだいとしか言いようがないんだけど(笑

自分の好みに拘る事は、決して悪くは無いと思うんですよ。
ただし「こだわる」という事と「とらわれる」という事は違う。

「とらわれて」しまうと、そこから抜け出せない。
その先が見えてこないんだな。

だから人の好みってのが、理解できなくなっちゃう。
挙句の果てに、自分の好みを人に押し付けようとする。

でもね。
いくらなんでも不自然だろう!!
という写真も有ってね。

それが好みだと言われれば、それまでなんだけど。
自分なりに基準ってのを持っていないと、そうしたことが起きちゃうんだね。

今やデジタルで、どんな写真でも作れちゃうから、そこが大事だと思うのですよ。




関連記事

tags : モデル ポートレート 佐々木柚花 

コメント

好みと拘り

ジャンルに問わずそうですが、とりわけポートレートではその人らしさや、撮り方の癖みたいなものがあるから「あ!○○さんの作品だろうな」と同一モデルさんでも次第にわかってきますよね。
それが作風という軸になり拝見していて安定感を感じさせる。
この人の撮る写真は自分の好みだな…とか。

そのレベルを超えて他人を馬鹿にしたり優越感に浸り始めたら一気に残念なだけのカメラマンに(~_~;)
才能って万人受けすることを意識していては突き抜けられない。
その境界線に結局のところ写真術云以前の人間性が現れるのかもしれませんね。

2013.01.22  sui sui  編集

suisui さん

うん、そうだね。
作風とまでは行かなくても、癖やパターンなんてのは、解っちゃうね。

本当に良い作品は万人に受け入れられるものだろうけど、魅力を感じるのはむしろ、強烈な個性かもしれない。
結局、人の作品が気になって、とやかく言っている内は自分に自信が無い証拠なんだよ。
常に新しい表現を模索している人は、そんな事に構っている暇なんて無い訳だから、そもそも聞く耳を持っていないだろうと思いますよ。

2013.01.22  H.T House 田口  編集

初めまして・・ひめぱぱと言います。
ポートレイト大好きなカメラ歴 5年のど素人です。
自己流では中々成長しないので悩んでいましたが
こちらのブログを見つけて感銘を受けました。

とても、とても参考になるお話ありがとうございます。
これからも時々 遊びに伺わせてください。
時々質問などするかもしれませんが 宜しくお願いします。

2013.02.07  ひめぱぱ  編集

ひめぱぱ さん

はじめまして、ようこそお越し下さいました。

こんなブログで、御参考になりますでしょうか(笑

これからも、どうぞお付き合いくださいませ。

2013.02.08  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad