写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

モノクロと光とメイク

2013.02.16

category : ポートレート


私はモノクロの写真が好きなんですが。
デジカメだと簡単に出来上がるので、楽チンですな。



Model : 芹山結衣



撮影時にモノクロのモードで撮影する場合と、カラーで撮影しておいてモノクロレタッチする場合。
その両方で楽しんでおります。

撮影中には「この光、モノクロにすると良いな」というのが解りますね。

良い光モノクロに適しています。

いや、色という情報が無いだけに、モノクロだからこそ光を選ばなくてはならない訳で。
カラー以上に、向き不向きがあるのかもしれません。

最近、購入したレタッチソフトは、モノクロの調整が細かく出来るようになっています。
やはり進化しているんですね。

久しぶりに参加した撮影会ですが、手持ちの赤い布でちょいと照明をアレンジ。
赤い光に照らし出されたモデルさんが、妙に艶かしい

じつは、この赤い光と言うのは、モノクロに適しているんです。
タングステンの光も同じ。
私の好みにも合っています。

照明はLEDですが、これに布を被せたわけですからデフューズしていることになります。
光を適当に拡散しているわけですね。
したがってハイライトが飛びづらい。

だから、照明とモデルさんとの距離を近づける事が出来ます。
それだけシャッタースピードが稼げますね。
手ブレの心配をすることも無く、撮影できる。

ただ、この日の撮影でちょっと残念だったのは、モデルさんの唇の色が淡いピンク色
この色だと、モノクロで撮影するとコントラストが付かないんですね。
もう少し濃い色の方が、クッキリと再現できます。

モノクロの場合は、メイクも含めて調整が必要なんです。

モノクロの生命線は豊かな階調にあります。
この階調を使って、女性の持つ肌の柔らかさ、丸み、暖かさを表現したい。

美しいモノクロは質感まで再現します。


関連記事

tags : モノクロ レタッチ デジカメ 芹山結衣 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad