写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

夏だぞ~! モデルさん注意!

2013.07.14

category : ポートレート


今年の夏は、ちょっくら暑そうだぞ。








と言うことで、以前にもこのブログに書いたけど。
ここでもう一度、書いておこう。

ニュースを見ると、熱中症死者まで出ているようです。
怖いですね。
撮影に夢中になっていると、その危険性は高まりますよ。

以前に撮影中のモデルさんが熱中症になったことがありまして。
その日は、カメラマンモデルとが1対1で撮影する時間を設けての撮影でした。
ちょうど、私の順番が廻ってきて、撮影を始めてまもなくの出来事でした。
いつもは陽気なモデルさんが、ちょっと元気が無い
歩く早さも緩慢だ。
「どうしたの?」
と、聞くと「具合が悪いです」と言うではないか。

すぐに日陰に移動させて、濡れたタオルで首筋を冷やし。
風を送って安静にさせました。
当時は、まだ熱中症という言葉が一般的ではなかった頃のことですが。
幸いなことに、すぐに元気を取り戻し、大事には至らずに済みました。

ポートレートの撮影では、モデルさんを逆光に立たせることが多いですね。
つまり、背中や後頭部首筋長時間直射日光を浴びることになるわけです。
これが危ないんですね。
カメラマンは、せいぜい日焼けする程度でも、モデルさんには相当きつい。

モデルの皆さん。
絶対に我慢してはいけません
具合が悪くなったら、すぐに伝えること
これを絶対に守ってください。

楽しいはずの撮影で事故になったら、何にもなりません。

くれぐれも、安全に夏の撮影を楽しみましょうね。


関連記事

tags : モデル カメラマン 熱中症 

コメント

確かに要注意ですね(^^ゞ
私も以前 なりかけました
モデルさんじゃないけど トンボ撮ってて
この夏も気をつけます(^^)

2013.07.14  葉月  編集

葉月 さん

危ない、危ない・・・・。
日頃からの体調管理も大事なのは勿論ですが、無理をしないことが肝心ですね。
モデルさんは頑張りやさんが多いから、「大丈夫?」と聞くと「大丈夫です」と答えちゃう。
頑張らなくていいんです。
とにかく安全第一。

2013.07.14  H.T House 田口  編集

早朝撮影で泣け!

田口様

以前にも書き込みましたが
やわらかい順光が手に入る五時からの
早朝をなぜカメラマンは、利用しないか
不思議です、ビーチも学校も公園も
ジョギングで通りかかる人は、いたとしても
ほとんど貸切状態です
砂浜で長くでっかい脚立を立てても誰からも
もんく言われないし人がいなければ、海を
バックに手ぶらや中抜きのような写真集で
おなじみの大技も気兼ねなくできる、
もしツーカーもモデルさんがいるのなら
ぜひ早朝撮影をおすすめします。

PS 「・・で泣け!」というのは、わが県の
   内陸部の方言です
   「・・に注目してみよう!」という意味
   です。

   という意味合い  
中抜きも

2013.07.16  あわおやじ  編集

あわおやじ さん

確かにその通りなんです。
どの季節であろうと、半で押したように決まった時間帯で撮る事が多いですよね。
そもそも夏は、ポートレートの撮影には向かないです。
太陽の位置が高いですからね。

2013.07.16  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad