写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

知識と経験

2013.07.22

category : ポートレート


知識は、本や友人とのお話から仕入れることはできますね。





Model : ヨンア




しかし、それらは文字通り仕入れただけ

仕入れた知識を撮影現場で活用しなくては、成果として現れません。
いや、読んだり聞いたりした知識は、撮影現場ですぐに役立つのか?

実際に私も経験していますが、ストロボのライティングをセットしようとしたとき。
あれ?
確か、このライティングでよかったはずなのに、思うような絵にならない。
何故なのか、その理由が解らない。
あれこれと試してみるが、すべて違う

時間が過ぎてゆく。
モデルさんは、あくびをしながら待っている。

もう頭の中は真っ白
どうして良いのか解らないのです。

花の撮影をしていたとき。
雑誌で見た、あの写真のように撮影してみよう。
同じ花の前でカメラを向けても、どうしたらあの写真のように撮れるのか、解らなくなってしまった。
何度、撮ってもあの写真のようにはならない。

きっと、レンズが違うからなんだ。
勝手な思い込みで諦めてしまった。

眼で見ただけのものは頼りにならないことを、身をもって経験しています。

仕入れた知識を吐き出すのが撮影であるわけですから、撮影に役に立つ知識でなければ、意味が無い。
知識は実際に自分で実践してみて、初めて経験と成り得ます。
そして、実際の撮影現場で役に立つのは、この経験です。

まるで評論家のように、あれやこれやと人の写真にアドバイスを送りたがる人はたくさんいます。
ところが実際の撮影現場で、ここでは、こうした方が良い。
なぜなら、こうした効果を生み出せるから。
この場面では、こうしてはいけない。
なぜなら、こう写ってしまうから。

と、指摘できる人は少ない。



関連記事

tags : モデル ライティング ヨンア 

コメント

おはようございます(^^)
全く その通りです
私も最近 仕入れた知識でチャレンジしてたけど
あれ??でした また帰って勉強のしなおしです
上手く行った時は ヨシヨシとニタニタしてます

最近 プロ写真家が同行する写真ツアーがあるのを
見たら 行ってみたいなって思うけど・・
時間もお金もなかった(T_T)

2013.07.24  葉月  編集

ストロボじぶん撮り

田口様

いまでこそデジタル時代でストロボの
光の当たり方は、現場で確認できますが
フィルムしかなかった時代は、
スケッチブックに距離、絞り、スピードや
角度を書きながらセルフで自分撮りを
やってデーターをとってました
ネガとかポジとかいろいろやって
キタカメさんでプリントしてもらうのは、
かなりはずかしかったです(笑)。

2013.07.24  あわおやじ  編集

葉月 さん

誰かと一緒に撮影するのは、勉強になりますね。
写真ツアーは行った事が無いですが、楽しいかも。
私も暇とお金があれば、参加したいです(笑


2013.07.24  H.T House 田口  編集

あわおやじ さん

確かにフィルムは苦労しましたね。
露出計でそこらじゅうを測って、う~んと・・・・。
難しい顔をして撮影してました。
デジカメはその場で修正できるので、楽ですね。
ですがモニターの液晶が当てにならないので、やっぱりキチンと測った方が良いみたいで。
結局、同じことかな?

2013.07.24  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad