写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

難しい撮影

2013.07.26

category : ポートレート


さて、先日の撮影を振り返っておこう。





Model : 渡辺紗優



難しい撮影だなんて書いたけど、そんなに大袈裟なものじゃないんです。
なにやらモデルさんの方にも、撮影の様子の問い合わせがあったそうですが。
手法としては昔からあった、マルチストロボです。

いや何も難しい訳ではなくて、何度か調整を繰り返せば、思うようには写せたわけです。
写真と言うのは理屈で成り立っていますから、その理に叶ったストロボやカメラを設定するだけなんですね。
ただ事前に同じ条件で試してみる事が出来なかったので、撮影する方としては不安だったわけです。
初めて使わせていただくスタジオだったので、どうにも勝手が解らない。
天上の高さ背景の大きさ、ストロボと被写体までの距離
当日に現場で設定をするしかない訳です。

問題はストロボの発光回数サイクルなんだけど、何度か試しながら調整するしかない。
出来上がる写真はモデルさんの動き一つでさまざまに変わる。
それを狙ったのだ。
今時、レタッチソフトを使えば、簡単に作れてしまう合成写真だけど。
それでは少しも面白くない。

カメラマンとしては、計算し尽くしてセッティングをする。
ところが、その通りに撮れたんでは、つまんないんだな。
そこにサプライズを生み出してくれるのが、モデルさんなんです。

撮影の際には、どんな写真を作ろうとしているのかを理解してもらう必要があります。
特に、こうした特殊な撮影の場合は制約が多い。
つまり、どのくらいの速さで、何処までの距離を、どれだけ変化をつけてポージングするのか。

さすがに経験が豊富なモデルさんなので、多くを語らずとも直ぐに理解して貰えた。
これは、流石としか言いようがない。

何度と無く繰り返したショットの、どれひとつとして同じポーズが無い
わずか1秒ほどの間隔で、様々なバリエーションを瞬時に繰り出すポージングの上手さ。
しかもポージングに気を取られると、表情が疎かになりがちなんだけど。
ちゃんと目線や口元まで神経が行き届いている。
全カットの内、残ったのは1割程度
ボツにしたカットには、良いポージングがいくつもあって。
なんとも悔しい。

私が的確な指示を出していれば、もっと成果は上がっただろう。

結局は難しいのは撮影するカメラマン側ではなくて、モデルさん側だったということ。

間抜けなカメラマンだ。
ホント、ダメダメでした。





関連記事

tags : モデル カメラマン ポージング 合成写真 レタッチソフト 渡辺紗優 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad