写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

季節感

2014.03.27

category : ポートレート

この時期の北海道は雪解けが進むにつれ、街は埃っぽくなります。









純白だった雪は冬の間の汚れを現し、とても絵になるような景色ではありません。
樹々の緑が芽吹くのは、まだまだ先の話。
芝も枯れたまま。
気温こそ上がってきますから、屋外での撮影も始めたいところですが。
どこもかしこも殺風景ですね。

写真では、季節感という言葉がよく使われます。
日本ほど四季がはっきりと分かれている国も少ないそうで。
だからこそ、季節感という言葉もあるわけでして。

では、ポートレート写真から季節感を感じさせるには、どんな要素が必要なんだろう。
最も解りやすいのは、衣装でしょうね。
真冬の屋外で水着を着てる女の子は、いないよね。

次に背景となる景色でしょうか?
が写っていれば、それこそ一目瞭然。
春以外は考えられない。
紅葉もそうですね。
実に解りやすい。

そう考えると、この季節感ってのは、特に意識しなくても普通に撮影していればちゃんと映り込んじゃう。
が咲いたから。
紅葉がきれいだから。
新緑をバックに。
ちゃんと季節感が現れる。

でも、どうせ撮るなら、もう一歩踏み込みたい。
そうなると、光や温度を感じさせる必要がある。

凍てついた冬の朝。
春の陽だまり。
夏の直射光。
秋の夕暮れ。

それぞれに、その季節の光があり温度を感じる。
誰もが経験したことがある、季節のにおい。
一枚の写真の外に、想像が膨らむ。
そんな写真を撮ってみたいものです。




関連記事

tags : ポートレート 

コメント

夏の早朝ロケ

田口様

こちらでもなんどかかきこ
しましたが
夏の浜辺の早朝というものが
あります
やわらかい順光で高いポジションから
撮れば、ドラマや映画のように撮れますが
モデルさんは、早朝がきらいなので
だめなんですよね(笑)。

2014.03.28  あわおやじ  編集

あわおやじさん

今は夜型の人が多いですからね。
若いモデルさんには、早朝の撮影は辛いのでしょう。

2014.03.28  管理人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad