写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

二度と撮影できない

2014.04.16

category : ポートレート

夕張の三弦橋が、ついに湖底に沈むことになった。




Model : 雪華



今から10年ほど前に、ここで撮影したのが、この写真だ。
シューパロ湖は人工のダム湖だ。
普段は湖底に沈んでいる大木の幹が、上流のダムによってせき止められ水位が下がると姿を現す。

広大な湖底はひび割れ、取り残された大木がまるで地球上とも思えないような、光景を創り出す。

この場所での撮影を企画して1年近く、時には雨によって満水となったダムを恨めしく思いながら時を待った。

8月30日。
この日、当時、東京に住んでいたモデルさんと撮影を決行する。
彼女が撮影できる日は、この一日だけ
1週間前から、晴天が続くことをひたすら祈った。
仮にこの場所で晴天が続いたとしても、上流のどこかで雨が降れば、その水はすべてこのダムに注ぎ込む
少しでも水浸しになれば、人が近づくことはできない。
この日を逃すと次に撮影できるのは、いつになるか解らない。

撮影当日。
晴れた
現地に着くと、地面の乾き具合。
風に流れる雲の速さ。
申し分のないロケーションとなった。

一年間待って、この日だけしか撮影できないという日に。
見事にロケーションが整ってくれた。

奇跡的な巡り会わせだ。

もう、この光景を目にすることは出来ないだろう。
深く暗い水の底に沈んでしまった。



関連記事

tags : 夕張 シューパロ湖 雪華 

コメント

正に、この作品を拝見して、私は田口さんと言うカメラマンさんに是非とも、お会いしたい!そう思いました。

ロケハンした2005年は満水で、撮影どころではなく、田口さんをご存じのカメラマンさんに田口さんの電話番号を聞いて状況を聞きたいと思って聞きましたが電話番号が、わからず、その年は撮影を諦めました。

初めて撮影できた2006年!夕張のシューパロ湖で撮影を終えて初めて田口さんにお会いしたのも趣味のカメラマンとして運命だったのかもしれません。

2014.04.16  yukinobuk  編集

yukinobuk さん

そうでしたね。
実は、この一枚の写真が多くの出会いをもたらせてくれたと実感しています。
それから、自分の写真人生が変わったことは確かです。

2014.04.17  H.T House 田口  編集

二度と撮れない

田口様

これから壊す建物とかあれば、
それを背景に撮影します
撮影後、何年かして
モデルさんがお母さんになったとき
息子さんや娘さんとみてもらいたい
ですね。

2014.04.20  あわおやじ  編集

あわおやじさん

街の景観というのは面白いもので、以前に合った建物の姿はなかなか思い出せないものですよね。

2014.04.21  管理人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad