写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

物語の始まり

2014.06.19

category : ポートレート

写真に題名をつけるのは、難しいよね。



Model : Negie


昔々、ベテランカメラマンが言っておりました。
「写真の題名を思い浮かべて撮影しなきゃダメだ」

なるほど、金言ですな。

以前は私も、小さなコンテストなどに応募していたけど。
そんな時は写真に題名を付けなくちゃならない訳です。
これがまた、面倒な作業でして。
どうにも、すんなりと決まらない。

まぁ~コンテストに出す写真の題名なんて、他と識別するための番号のようなもんだよ。
なんて、考えていた。

勿論、作品撮りコンセプトを決めて撮影するわけだから、題名はおろか、一枚一枚の写真を頭に創り上げてから撮影する。
時には絵コンテまで書く。
それ以外はお気楽に撮っているんで、題名など考えて撮っていないな(笑

それでも、ごく稀に、撮影の最中に題名が頭に浮かぶ時があります。
あるいは音楽が聞こえてきたりします。

何故、そんなことが起こるのだろう。
どんな時に思い浮かぶのだろう。

それは、あるパターンを持っていたり、必然性のある出来事とも思えない。
ある時、突然、ファインダーの中の絵と言葉とが結びつく。

考えてみても、答えは出ない。
しかし、少しだけ解って来たことがある。

つまり、それは物語を感じるからではないだろうか。
眼に飛び込んできたファインダーの中の絵が、ストーリーを創り出すから。
そんな気がしている。





関連記事

tags : カメラマン Neige 

コメント

タイトルは

田口様

毎月、コンテスト活動をしている私も
タイトルでは、いろいろかんがえます
タイトルは、もう一枚の写真ともいわれて
ますので「〇子」とか「スマイル」とかの
ありがちなものは、さけてます。

PS でもこまったときは、
   「〇子ちゃんのいた休日」とかの
   休日シリーズで逃げてますね(笑)。

2014.06.21  あわおやじ  編集

あわおやじ さん

やはり、みなさん悩んでおられるんですね。
全部「無題」と言う訳にも行きませんしね。
「習作」なんてのはどうでしょうかね。
「習作1」「・・2」なんて簡単で良いですけど(笑

2014.06.21  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad