写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

失敗と言う経験

2014.09.05

category : ポートレート

新しい事を始めてみる。




Model : 渡辺紗優


って勇気がいる事ですが、こと趣味で楽しんでいるならば、失敗しようが気にする事など有りませんよね。
寧ろ、手を出そうとしないで旧態依然を繰り返している方が勿体ない。
あるプロ棋士の言葉に「アマはその人の最高の成績が評価になり、プロ最低の成績が評価になる」と言うのが有るそうです。
なるほど、良く解りますね。
ゴルフ等を趣味にしている人なら分かりやすいと思います。
ならば、いくらでも試してみて何度失敗しようが構わない。
一つでも成功したなら、それは自分のキャリアとして誇る事が出来る。
これがアマの特権なのだから尻込みしているなんてバカらしいよね。

写真は自分で撮らなくては上達しない。
時々、写歴の長さを自慢するようなカメラマンを見かけるけど、写歴なんて物は一番あてに成らない
写真なんて一年も続ければ、誰だって上手くなる。
上手くならない人の方が珍しいだろう。
シャッターボタンを押せばピントは合ってくれるし、露出だって合わせてくれる。
カメラマン評論家になってしまっては、おしまいなのだ。

何でも経験してみる。それがキャリアとして残る。
たとえ、それが失敗に終わっても、失敗したと言う事実が経験として残る。
残すなら写歴ではなくて、経験だ。

あてになるのは経験であって写歴ではないんだな。
蓄積された経験は、先を見通すを養う。
シャッターを押す前に出来上がる絵を思い浮かべる事が出来る。
修正するための術を見出だす事が出来る。
ドンドン試みてドンドン失敗しよう。
それが成功への近道なんだから。


関連記事

tags : 写歴 渡辺紗優 カメラマン 

コメント

しっぱいもOK

田口様

失敗から学ぶこともありますが
多数の囲み撮り公園ニコパチや
スタジオニコパチとちがって
一対一の個撮の場合は、ダンスの
ペア競技に近いものがありますから
ゴルフのように大たたきして自己完結して
なっとくして終わりというわけには、
いきませんね
失敗は、本番の前にやって(テスト)おく
失敗しそうなことは、モデルさんをまきこんで
行わわない、技術は機材がフォローしてくれます
が人(モデル)をフォローするのは人です
何年撮ったか(写歴)より何人のモデルさんに
楽しんでもらえたか何人の写真を見た人に
楽しんでもらえたかが大切ですね。

2014.09.08  あわおやじ  編集

その通りですね。
私もカメラの設定を試したりレタッチの為の撮影をしてデータを集めています。
思い通りに撮れた写真は殆どありませんが、失敗しても許されるのがアマチュアの特権ですね。

2014.09.09  管理人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad