写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

yukinobuk 「写真は時を刻む」

2014.09.08

category : ポートレート

yukinobuk さんの個展「写真は時を刻む」を拝見させていただいた。




yukinobuk: 写真は時を刻む



以前にも書いたことがあると思いますが、カメラマンの作品やその活動は小説家のそれと同じではないだろうか?
そんなふうに感じている。
一人の小説家を語るとき、ひとつの作品の◯ページの◯行目の表現が…などと評価する人は居ないだろう。
その小説家が残した作品を時代性や社会性から、その思想や価値を考察するはずだ。

私も含めて撮り手である人間は、一枚の写真の出来不出来に一喜一憂するものだ。
そして出来上がった写真を見れば、撮り散らかしているだけの写真が残っている事に気がつく。
一人のモデルさんを10年に渡って撮り続けている彼の作品は、写真が本来持っている力を感じさせてくれる。
それは記録であり、まさに肖像だ。

10年程前と言うと、確かこんな言葉が流行っていたはずだ。
「エロかっこいい」

巷には、そんな写真が溢れている。

今は、誰もが気軽に写真を楽しめるようになった。
アマチュアのカメラマンとモデルが、それぞれに表現することを楽しんでいる時代だ。
それはとても素晴らしい事だと思う。

しかし、彼の作品は、そうした流行りの写真とは無縁だ。

撮影技術やライティング、モデルさんのポーズや表情。
特異なロケーションや手の込んだ衣装。
そんな、演出などで作りこんだ写真とは対極にある写真だ。

モデルさんの衣装、髪型、表情の移り変わり。
まさに、その時代に生きた生身の人間がそこにいる。
それは、長く撮り続けなければ見えてこない。

たんたんと、しかし確実に、時は流れている。
彼もまた、静かにシャッターを押している。
ありのままの今を受け入れて、ありのままの今を残している。
一過性のグラビア写真とは違い、彼の作品は、むしろ時が経つにつれ、その価値を高め続けるだろう。

彼の作品を拝見して、素直に伝わってくるのは、その誠実さだ。
写真とは、やはり、その人の心を写し出している鏡なのだ。

まるでオモチャを与えられた子供のように、次から次へとモデルを取り替えては、自己満足を繰り返しているような私は、
多いに反省しなければならないと強く感じた。

yukinobuk個展 「写真は時を刻む」

日にち:9月6日~9月15日
時間:午前11時~午後6時(初日午後1時から。最終日午後5時まで)
場所:品品法邑(しなじなほうむら)火曜日休廊
住所:札幌市東区本町1条2丁目1-10
ギャラリーへ交通機関で来てくださる方は、こちらを参照ください。
http://houmura.com/access/

関連記事

tags : 写真 

コメント

いえいえ。。。そんな大そうなものではありません。誰でも撮れます^^;

2014.09.09  yukinobuk  編集

yukinobuk さん

いやいや、誰でも、とは行きませんよ。
少なくとも私の周りにはいませんから。

2014.09.09  管理人  編集

この人このモデル

田口様

ポートレート写真展などでも
出展している個人スペースで
いろんなモデルさんの写真をだしてる
人よりも一人のモデルさんだけの写真が
目をひきますね
同じ人(モデルさん)をどれだけ撮り続けて
いつも他の人が見ても楽しいと感じてくれる
作品であるかどうかでカメラマンの力量が
わかりますね。

2014.09.12  あわおやじ  編集

あわおやじさん

同じモデルさんで、どれだけバリエーションを付けられるかは、カメラマンの腕次第でしょうか。
それにも増して、長期間に渡って一人のモデルさんを撮り続けることは、大変な作業ですね。

2014.09.12  管理人  編集

ところかわれば

田口様

ファッションショー関係のモデルさんしか
いないわが県とちがって関西や名古屋には
ポートレート撮影用対応のモデル事務所や
フリーのモデルさんネットモデルさんが
たくさんいるようでそういった環境の中だと
どうしても複数のモデルさんを撮影するように
なるみたいですえね。

2014.09.13  あわおやじ  編集

あわおやじさん

私はモデルさんの個性からインスピレーションを受けて撮影することも多いので、多くのモデルさんとコラボしたいと思っています。
それを長く続けることで、また見えてくるものがあると思います。
今はネットを通じて知り合えるモデルさんもいるので、さまざまな出逢いがあり、ありがたいですね。

2014.09.13  管理人  編集

素敵なワンパターン

田口様

ニコパチ写真で同じような写真ばかりでは
いくらモデルさんがちがってもそれは、
ひとくくり(一人)のワンパターンの
同じ写真にしか見えないですね
田口様のように一人一人の個性をいかす
演出ありの作品だと複数のモデルさんの写真でも
見ていて楽しいものになりますね
逆に強烈なるカメラマンの超自己満足の
超個性的演出(ビキニでハーレーにまたがる
ギャルシリーズとか)の場合もそれは、それで
楽しいかもしれませんね。

2014.09.15  あわおやじ  編集

あわおやじさん

その通りだと思います。
結局、何を撮りたいのかが伝わってこないのでは、誰を撮っても同じなんですね。

2014.09.15  管理人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad