写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

アドリブあるいは即興

2015.01.06

category : ポートレート

さて、今年はいったい、どんな写真が撮れるんだろう?




Model : 渡辺紗優


いやいや、こんな写真を撮るぞ!!
と言った意気込みってのは、無いんですよ。

勿論、幾つかのアイディアなどは有るけれどね。
それが無くても何とかなっちゃったのが、この写真なんだけど。
モデルさんに空いている時間があるという事で、急遽、決まった撮影なんで。
まったくもって、ノープラン
な~んにも考えてない(笑
それでも、まぁ~何とかなったのは、このモデルさんだから出来たんだね。

つまり、カメラマンに出来る事なんて、たかが知れているということ。
ある程度のシチュエーション、つまりライティングなんかを整えれば、あとはモデルさん次第で写真は出来上がる。
カメラマン細かな事を言い出すよりも、モデルさんに任せてしまう。
いわゆる、ノリの良さを大事にする方が良いんだな。

「この衣装、ポケットみたいに手を突っ込むと面白いね」
「この紐を腕に巻き付けてみようか?」
そんなヒントだけで、このモデルさんには頭の中に絵が出来上がるんだね。
だから、細かな指示なんて必要ない。

JAZZの神髄は、アドリブ、つまり即興にあると言われるけど。
その場で出来上がって行く写真が、予想を超えてはじけ飛んだ時。
カメラマンとしては、一番、手ごたえを感じるんだね。

思い通りに撮れた写真なんて、つまらないんだよ。



関連記事

tags : モデル カメラマン ライティング 渡辺紗優 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad