写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

当然の作業

2015.05.12

category : ポートレート

先日の撮影では、メモリーを使い切ってしまったほどの枚数を撮った。



Model : 渡辺紗優&水城ほたる


私にしては珍しい。
それだけ充実した撮影だったわけだけど。
まだまだ、反省点が見つかった撮影でもある。
それは追々、次の撮影に生かして行けばいいね。

そう言えば、随分前にこんな事があった。
撮影前に、モデルさんの髪や衣装を少し直していたら、カメラマンから「随分、こだわるんですね」
と言われた。
こだわるって、どういう意味だろう?
と思ったけど、細かいことを気にするって事なんだろうね。
確かに細かい事ですな。
でも普通に観察していれば、誰だって気が付く。
直すのに時間が掛かるわけでもない。
早くシャッターを押したいのは解るけど、考えてみるといい。
一枚の写真が出来上がるのに数百分の1秒しか掛からないのだ。
4時間かけて撮影するとして、1/500のシャッタースピードなら、500枚の写真を撮るのに必要な時間は1秒なのだ。
では、残りの3時間と59分59秒は、何に使っているのか。
勿論、理屈の上での話だが、写真と言うのはそういうものだ。

構想を練る。
アイディアを絞り出す。
必要なものを揃える。
モデルさんと打ち合わせをする。
スケジュールを調整する。
頭の中に出来上がった写真をシュミレーションする。
ライティングはどうするか。
定常光かストロボなのか?
ストロボならば、何をどう配置するか。
背景はどれがベストか。
ポージングはどうするか。
その時、光はどう当たるか。
スタジオによっては、修正を加える必要がある。
レタッチはどうするのか。
それによって、最終的に出来上がる写真がどうなるのか?
スタジオに入る。
モデルさんと確認をする。
ライティングを組む。
試し撮りをして修正を繰り返す。

撮影までには、こうした時間が掛かる。
そして、やっと一枚目の写真を撮る準備が出来るのだが。
それは、わずか数百分の一秒で出来上がる。
つまり、撮影前に髪を直したり衣装を直したりといった作業は、こだわりでも何でもない。
当たり前の作業なのだ。


関連記事

tags : ライティング レタッチ 撮影 渡辺紗優 水城ほたる 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad