写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

考えることは、良い事です

2015.07.21

category : 写真

若いカメラマンやモデルさんが、写真について考える事はよい事です。







勿論、経験は浅いでしょうから、色々と間違いは有っても仕方がないですね。
でも、考えないよりは、ずっとよいと思います。
写真理屈ではなくて、センスだと言う人もいるでしょう。
それは、間違いではありませんが、センスの有る無しと、考えようとするかしないかは別の問題です。
ふと、眼にしたモデルさんのブログには、こんな事が書いてありました。
遠いロケ場所写真大作、近場の写真はグレードが落ちると考えている人がいるようだ」
多分、どこかのカメラマンが言った言葉なのでしょう。
そこで、まぁ、それでは近場のロケは撮り尽くしたのか?
と言う話しになる訳ですが、それは有り得ない話しなわけです。
それは、遠かろうが近かろうが、そもそも一つのロケ場所撮り尽くすなど不可能だということです。
距離の問題などではありません。
時間、季節、天候などにより、どんなロケ場所であろうと様々な顔を見せてくれる
普段はつまらない、ありきたりなロケ場所だって、時には天候によって劇的な変化を見せるもの。
朝の、突然の夕立、夜の雷光
その全てを撮り尽くすなど出来っこないのです。

そして、遠いロケ場所は大作と言うのは、まんざら間違いでもないですね。
その場所でなければ撮れない写真と言うのは、存在するんです。
富士山を撮ろうと思ったら、富士山の見えるところまで出かけなけれな撮れない。
朝寝坊をしていて、美しい朝焼けを撮ることは出来ない。
それが写真と言う物なのです。
当たり前のことですね。

但し、多くの労力を費やした写真は、総て大作か?
と言うと、それもまた間違い。
風景写真を撮る人なら解り切った事ですが、自然なんて人間の都合に会わせてくれる筈がありません。
何度通っても、気象条件に恵まれない事などは、珍しくありません。
何時間もかけて、何度通っても厚い雲に覆われて、山の姿が見えない。
そんな事は、しょっちゅうある事なのです。
足を運ぶ度に傑作が撮れたら、誰も苦労はしないんですね。
つまり、風景もポートレート様々な条件の元に一枚の写真が出来上がると言う事ですね。

遠くまで出かけられない事情があるなら、近場での撮影に力を入れれば良いでしょう。
季節を変え、時間を変え、撮ろうと思えば、いくらでも撮れるはず。
事実、私は、同じモデルさんを同じ場所で、春夏秋冬1枚づつを一年かけて撮ったことがあります。
いわゆる定点観測です。

結局、自分が創り上げる写真に何を求めるか?
と言う問題になる訳ですが、簡単に言うとオリジナリティです。

ありきたりな場所でも、ありきたりな写真で終わらせないためには何が必要で、そのために何をすべきなのか。
遠いロケ場所なら、その場所まで行けるだけの健康を手に入れるための努力を惜しまない事。
それ以外にありません。
そして、自分の写真に厳しい目を持っていなくてはなりません。
誰かの真似をしたようなポーズに、何の工夫も無いシチュエーションで撮られた写真を「可愛い」などと言われて喜んでるようじゃ、だめなんだよ。

結論を早急に出す必要はありません。
自分なりの答えを見つけ出せばよい。
考えることは、その手助けになりますから。


※本文と写真は無関係です







関連記事

tags : モデル 写真 ポートレート ロケ場所 

コメント

コン活派とすれば

田口様

遠出の作品は大作で近場の作品は凡作?
その作品をカメラマンもモデルも
知らない第三者に見てもらうのが
条件での撮影となるとたしかに近場は、
凡作よりになってしまいますね(ー_ー)!
「○○公園モデル撮影会コンテスト」なんかで
少ない時間で要領よく撮影して入選する人が
いますが作品じたいその現場を知らない人や
モデルの背景には、魅力がないと思う人には、
二百円で日本一のおかずを作るようなものです、
目に見えないやりくりや工夫には、なんの意味も
ないですね(ー_ー)!!。

2015.07.22  あわおやじ  編集

あわおやじさん

まぁ~撮影会なんかの写真を自分の作品と言うのは気が引けますが、いわば、ちゃんと撮り手の意図や狙いを盛り込む事が出来ているか?
と言う話しですね。
それが出来ていれば、ロケ場所の距離は関係ないですね。
スタジオなんかは、何処もみんな変わらないはずですから。
ロケーションの力を借りて作り出す写真は、それだけでインパクトが有りますが、結局、何処で撮影しようが、どれだけオリジナリティを出せるかです。

2015.07.23  管理人  編集

とはいうものの

田口様

私も近場で撮影です(ー_ー)大雪原や滝とか廃墟とか
ちゃんとしたスタジオでの撮影もできません(ー_ー)
ただよくある公園ニコパチとちがうところは、ある意味で
モデルさんをモデルさんと思わないところです!(^^)!
モデルポーズもモデルリーディングも現場では、遠慮して
もらいます。魅力ある女性はモデルだけでないはず!(^^)!
私の頭の中にある魅力的な女性的に、もっと欲をいうと
他のカメラマンが作品を見て撮りたくなるような女性に
見えるようにいろいろ考えて演出してますね。

2015.07.23  あわおやじ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad