写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

撮影後記 その2

2015.10.07

category : ポートレート

スタジオの中に、光る冷蔵庫を作って撮影してみました。




Model : 渡辺紗優



いや、天井まであるカポックを使ったから、まるで光る柱だね
ストロボ2灯をカポックの中に入れて発光。
返しをL字型に組んだカポックで補っています。
背景には光が当たらないよう、黒カポックで漏れるのを防いでいます。
厚さ4㎝程のカポックなら、充分に光は通ります。

DSC00996.jpg

さて、黒とシルバーの衣装に黒い背景。
う~ん、これは難しいよね。
本当はレフランプの方が上手く行くんだけど、今回はあえてストロボを使いました。
ストロボを使うと、黒が黒く写らないという現象が起きます。
黒い背景を黒く写そうと思えば、ちょっとした工夫が必要になるんです。
特に紙の背景の場合は光の当て方によっては、かなり反射します。
黒を黒く写すなら、光を当てないようにするのが確実なんです。
当たり前すぎて、面白くもなんともないね(笑

そして紙に限らず布の場合でも、黒がやや赤紫に写る現象が見られます。
これは布や紙に含まれる、黒の染料に原因があるそうで、ストロボの光の場合には、これが顕著に現れます。
そこで、レタッチが必要になるわけです。
黒い衣装に黒背景となると、背景にも少し光を当てたいところです。
そうなると、背景にはグレーから黒までのグラデーションが付くことになりますね。
レタッチしていて一番厄介なのが、このグラデーションです。
綺麗に見せるには手間がかかります
丁寧に仕上げなくては、上手く行きませんね。

モデルの紗優ちゃんには、今回は少し大袈裟なポージングにしてもらいました。
こうしたポージングは、下手をすると滑稽に見えるだけなんですが、流石に紗優ちゃんは決めてくれますね。
長い手足をフルに使って、画面の隅々まで演出してくれます。
そして驚いたのは、バックライトから漏れる光まで意識したポージングをしてくれたところです。
この立ち位置なら、後ろのライトはこの位置にあるはず。
腕のポーズがこうなら、光はここから漏れるはず。
今、出来上がろうとする写真が、頭の中に描けているんですね。

モデルとしての資質の高さを、改めて感じさせてくれる撮影でした。






関連記事

tags : モデルポージング ストロボ 渡辺紗優 レタッチ 

コメント

スタジオええですね!(^^)!

田口様

冷蔵庫ときいてピントきましたよ(^^)
ストロボの光の調節ですね(^O^)
ストロボの発光部手前に紙やプラ板をおいて
光を弱くするするという方法はありますが
それでは窓から入る柔らかい光のような
表現を再現するのは、むずかしいですね(*_*)
やはりこれぐらいの仕掛けが必要となるの
ですね通常のストロボしかない私としては、
うらやましいですね(^O^)。

2015.10.10  あわおやじ  編集

あわおやじさん

この手法は以前にも使ったことがあるんです。
柔らかい光を遠くまで届けたい。
しかも一方からの光で。
相反する課題を克服するための処置なんですが、上手くゆきませんね。
さらに大きな仕掛けが必要なことが解りました。
天井や壁の色を変えなくてはなりません。
これはさすがに、簡単ではないですね。

2015.10.14  管理人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad