写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

LEDと蛍光灯

2016.01.24

category : 写真

LEDの照明が出回ってから、機材が扱いやすくなりましたね。







先日撮影した写真でも、細い管の照明器具を使いました。
殆んどを発しません。
蛍光管では、こうはいかないですね。
ですが、LEDの光と言うのも、蛍光管の光と特性はよく似ている。
器具と被写体との距離によって、色温度は変わってしまいます。
いや、色温度と言うより色被りと言った方が良いかもしれません。
また、シャッタースピードによっても色が変わってしまいますね。
通常の蛍光灯は電源の周波数(関東、北海道では50Hz)ですので、1秒間に100回点いたり消えたりしているわけです。
このサイクルとシャッタースピードが被さると、そんな症状を起こします。
突然、黄色みが強く出たりしてビックリすることがありますね。
撮影用の照明機材は、インバーターと言われる方式で、この周波数を上げてあるのが普通です。
ですから、それほど心配ないですが。
ちなみに航空機の中の機材は400Hzです。
周波数が高い方が、機材そのものを小型軽量化できるからです。
まぁ~商品撮影などをしているわけじゃないから、忠実な色の再現に神経質になることも無いのだけれど。
レタッチで何とかなると思ってると、後でえらい眼に合って仕舞います(笑
特殊な光で撮影したと思っていれば、それでいいかな?
実際、そんな写真もある訳で、すべて自然光で撮ったように見せる必要もないわけですから。


関連記事

tags : LED 蛍光灯 レタッチ 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad