写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

メイク

2016.07.06

category : ポートレート

撮影の構想を思い付く時は、モチーフから思い付く事が殆どだけど、




Model : 猪股聡子


この光を使ってみたい、という発想から撮影する事もある。
女性の肌は、豊かな階調で滑らかな質感を再現したいと考えているが、この日はやや硬めの光になった。
白磁器を思わせるかのような肌の質感は、そのままだと無機質な冷たさを感じるので目元と唇に色を戻した。
すると不思議な事に、カラーの時には気が付かなかった唇の質感が生々しく蘇った。
鮮烈な赤が美しい。
対比する肌と唇。
デジタルメイクと言う言葉があるそうだ。
私にはメイクの技術も知識も無い。
だから、写真に残された色を再現する事しかできない。
これはメイクとは言わないだろう。
あくまでもメイクは撮影前に行うものだ。
後処理で作り出したレタッチと違う点は、明白だ。
本物のメイクは、モデルさんの気持ちを高揚させ、テンションを揚げるために欠かせない魔術だ。
それは、どんなに優秀なカメラマンにも出来ないだろう。

まだまだ試したい光がある。
どんなメイクの時に、どんな光がふさわしいのか?
その時、モデルさんは、どんな表情を見せてくれるのだろうか?


関連記事

tags : レタッチ 猪股聡子 質感 諧調 メイク 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad