写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

ふと、思ったんだけど

2016.09.16

category : 写真

お陰様を持ちまして第7回「Pam'sG」写真展も無事に終了いたしました。



Model : 猪股聡子


ご来場くださいました皆様には、大変ありがとうございました。

さて、一息ついたら、すぐに撮影です。
溜まっていた写真も整理がついて、スタンバイOKとなりました。

大量にレタッチしていて、ふと気が付いたことがありまして。
口元のメイク上唇と下唇とでは明るさに違いがあるんだよね。
でも、普通は同じグロスを両方に塗るよね?
なぜ、明るさが違ってしまうのかと言うと、下唇は上からの太陽光を受けているわけです。
一方、上唇は下を向いているので、になってしまう。
だから下唇に比べて上唇は暗くなってしまう。
これは、あくまでも自然光の中で撮った場合の話し。

スタジオなどの照明を使った場合は、太陽光のように一点からの光で撮らない限りは暗くはならないですね。
真上から1灯だけで撮るという事はあまりない。
複数灯のライティングで、モデルさんのサイドから、やや右上から、など、強い影が出来るのを防いでライティングします。
自然界において、真横から当たる光と言うのは日の出と日の入りの時くらいしかありません。
ましてや、自分の足元より下から光が当たるなんて事は無い。
こうしたライティング「オバケライティングと言いますが、不自然な光に感じるのは、そうした理由からです。
一般的に自然光なら顔よりも高い位置から注ぎ込んできますね。
人工光でも、せいぜい真横くらいでしょう。
そうなると、やっぱり上唇には光が当たりづらい事になる。
それなのに、同じグロスを塗ってしまうと明るさに差が出てしまうんですね。

ちょっと化粧品メーカーのサイトを覗いてみた。
すると、商品見本のようにして唇の写真がたくさん出て来るけど、どれも美しい色が出るようにライティングを施した写真ばかりです。
う~ん、確かに綺麗に見えるのですが、これって日常では写真と同じようには見えませんよ。
上唇の方がどうしても暗くなるから。
これって、化粧品メーカーも気が付いていないのかな?



関連記事

tags : ライティング レタッチ メイク 猪股聡子 Pam'sG 

コメント

目線いろいろ

田口様

「上唇と舌唇とでは、明るさにちがいが
でる」なんて発想は私のようなおっさんには、
うかばないですね(笑)!いつもレフ板か
カメラマンと同じ高さのやさしい順光とか曇りの
ときとか選んで撮影してるのでそこまでモデルさんの
唇に注意は、してなかったですね(*_*)
リップの場合は、てかてかと光るタイプの場合、
反射した光がゴミ焼きみたいに写りこみそうで
苦手です(ー_ー)。

2016.09.19  あわおやじわ  編集

あわおやじさん

様々な光で撮影した写真をレタッチしている時に気が付きました。
下唇は鮮やかな色なのに、上唇はそれより暗いんです。
光沢のあるリップは、私の好みですね。
何より女らしさを感じます。

2016.09.19  管理人  編集

写真コンテスト

田口様

今月、発売のフォトテクのノンジャンル部門に
入選でもなく佳作でもなく次点でひろっつもら
いました!(^^)!成績は、モデルさんには、もう
しわけない結果でしたがど私の作品と名古屋の
コンテスト界のレジェンドカメラマンである
高木さんの作品とページ右と左で載せてもらえ
ていて入選よりうれしかったです!(^^)!
本屋によったときは、立ち読みならぬ立ち見
してください(笑)。

2016.09.20  あわおやじわ  編集

あわおやじさん

それは、おめでとうございます。
なんとか時間を作って拝見したいです。

2016.09.20  管理人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad