写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

撮影後記 その二

2017.02.24

category : 写真

さて、さて、撮影後記 その二でございます。



Model : 鈴木リカ


下手をすると、これはコスプレになってしまいそうだ。
ネットでさらりと調べてみると、出てくる出てくる、まさに日本刀を使ったコスプレ
さて、困った。
そこで冷静に考えてみる。

まず、この衣装そのものが、ファッション性の高い衣装であること。
そして和室というシチュエーションは、ごく当たり前のシチュエーションであり着物をアレンジしたこの衣装との違和感はない。
いや、むしろドレスと言ってよいこの衣装なら、和室でなくても強烈なインパクトがある。
そこに日本刀だ。
これは、どう考えても非日常である。
そう、つまりこれらを繋ぐのはと言うテイスト以外にない。

日本には古来から武道と言う物があり、これらは型や踊りといった表現を形成してきた。
美術品でもある日本刀は、その美しさから舞の道具としても用いられてきた。
しかし、私には、そうした武道の素養も無く、その美しさは理解できるが、どうすれば良いのかも皆目わからん。
仮に、こうした武道の型をなぞっても、所詮は「もどき」になってしまうだろう。
それより、モデルさんの魅力を前面に出す方が上手く行くだろうと考えた。
そう、つまり、りんりんちゃんは、ニッコリ笑顔のモデルさんと言う枠から、あっさりと飛び出してくれるモデルさんなのだ。
美しさ、妖艶さ、時には負の感情をも表現できる。

そもそも私が撮って来たポートレートなんてものは、非日常の延長なのだ。
日常で良いのなら、サンダルにスウェットで充分なのだ。
とにかく、この衣装に和のテイスト。
この非日常をどうやって演出するか。
決めポーズなんていらない。
動き、よろめき、激しい感情のぶつかり合いを納めたいと思った。

りんりんちゃんには、早い動きを何度も繰り返して貰った。
こうした撮影では、動きに気を取られてしまい、表情が伴わないといった事が起きてしまいがちだ。
ところが、りんりんちゃんは、その動きの意図をつぶさに読み取ってしまう。
一瞬を捉えた写真の中に迫力を出してくれたのは、りんりんちゃんのおかげなんですね。

毎度毎度、絵コンテまで書いて撮影に臨むんだけど、いつも反省点ばかりが残る。
もっと緻密な絵作りが必要だ。
次回作に、また力が入る。


関連記事

tags : 鈴木リカ コスプレ 絵コンテ りんりん 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad