写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

試行錯誤

2017.08.04

category : 写真

時々レタッチを教えて欲しいと言われる事があります。



Model : 猪股聡子



人に教えるほどの知識は持っていないのですが、自分なりに解ってきた手法は有ります。
もっともカメラ雑誌等では、ポートレートのレタッチについて書かれた記事はたくさん有りますね。
わざわざ、素人の私が教えるほどの事ではないと思います。
ただ、いくつかの機能や理屈を覚える必要が有ります。
それだけで、あとは根気よく丁寧に仕上げるしかありません。
ただし、その前に、その写真の何処をどう直せば良いのか?
この判断が、重要になりますね。
いや、それが出来ないと始まらないのです。
レタッチの上手いか下手かは、その判断によって別れてしまいがちです。
レタッチは、自分が考える理想に近付けるための作業ですから、その理想が解らなければ何をすれば良いのかが解らないと言うことになります。
ソフト自体は、有り余るほどの機能を持っていますが、その総てに精通する必要はないと思います。
美しく仕上げるために欠かせない幾つかの手法が解れば、写真は劇的に変わるでしょう。
まずは、自分なりの基準をしっかりと確立しておくことが大事になりますね。
例えば自分が理想とする肌色は、どんな色なのか?
それが解らずにレタッチを始めても、迷走するだけです。
どれが良いのか解らなければ、どうすれば良いのかが解らない。
どれが良いのかは解っているが、どうすれば良くなるのかが解らない。
この違いには、まったく違ったアプローチの仕方が必要になりますから。
カメラは人間の眼で見たようには写してくれません。
そこを補うのもレタッチです。
その辺りは、以前にも書きましたが、いずれまた、まとめてみたいと思います。

関連記事

tags : レタッチ 猪股聡子 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad