写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

二度と戻れない

2007.10.02

category : 写真

私はほとんどテレビを見ません。
見るのはスポーツとニュースとドキュメンタリーくらいなものでしょうか。



ColorNet撮影会より



今の時期は番組改編にあたるそうで、これから新番組が登場してくるということでしょうか。
長年続いて来た番組が終わることもある。

私の少年時代には、「8時だよ!全員集合」という番組があった。
ご存知、ドリフターズのあの番組です。
舞台から中継する生放送という、今では見られない番組でした。
いつだったか、ラジオで聞いた話。
「もう、こうした番組は二度と作れないだろう。」
「今の若い製作者たちに、そのノウハウを知っている者がいない」

同じく連ドラではなかったものの、「北の国から」も二度と見ることが出来ない。
製作スタッフも歳をとり、番組開始当初の放送をリアルタイムで見たことのないスタッフまで出てきたのだそうだ。
映画や番組の製作者たちを「○○組」などと呼んでいるのを聞いたことがおありでしょう。
ひとつの物を創りあげる時、そこにかかわる人はまるで家族同然のようにして制作に没頭するのでしょうね。
そうして積み上げてきた、あうんの呼吸が良い作品を作り出す要因のひとつなのだと思います。

一度、休耕した田に再び稲を実らせる。
一度、火を落とした溶鉱炉で再び鉄を造る。
いずれも、とんでもない時間がかかるといったお話を聞いたことがある。

今、写真の世界にも同じ事が起きようとしているのではないだろうか。
デジタルの波に呑まれ、銀塩カメラを取り巻く環境が悪化している。
これまで培ってきたプリント技術を持つオペレーターの方々はその出番をなくし、すべてが機械任せになってゆく。
その結果、生まれてきた写真は見るも無残な代物だ。

団塊の世代が大量に定年を迎え、伝えなくてはならない技術をどうするか。
そんな事が取りざたされる今この時代。
失われてゆく技術は、取り返しがつかない。

二度と戻れない。



関連記事

tags : ドリフターズ 銀塩カメラ 番組改編 デジタル 

コメント

培って来た、技術、ノウハウが継承されないってのは、悲しいですね。
新しい物がいいとは限らないですよね、技術立国日本に未来は、、どうなる?

2007.10.03  tokuchan  編集

そこが心配です。

そうなんです。
利便性を追求するあまり、質の悪さに気が付かずにいつしかそれが当たり前になってしまう。
手作りや手作業で創りあげたものが、とんでもない値段になってしまいかねません。

2007.10.03  H.T House 田口  編集

今だと札幌でちゃんとプリントできる人って
何人いるんでしょうかね?

我々は負けずに撮るだけですが・・・

2007.10.03  かっきい  編集

ほんとうですね

一応、プロラボもありますが、どうなんでしょう?
商売として成り立たないようでは、仕方がないのかもしれませんが、技術は廃れさせてはいけませんよね。

2007.10.03  H.T House 田口  編集

技術を継承していくというのは、
難しいですよね。

コストだけを重視して機械任せになるというのは
いいことではあります。
しかし本物志向?を追求して手焼き技術者が居なくなるor割高になるというのは不安ですよね。

温故知新で技術の継承も行って欲しいものです。

2007.10.04  無為謂  編集

質を追求すること

写真などはとても身近であるけど、こだわらなくては成らない所もあると思うんです。
少なくとも作品と呼ばれるものは、とことんこだわって見ていただく。
撮っている時の苦労が、プリントしたら台無しになってしまった、では作品とは言えませんよね。

2007.10.04  H.T+House+田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad