写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

人の写真

2007.10.22

category : ポートレート

人の写真を評価するのは、難しいものですね。
私も感想を求められることが時々ありますが、言葉にして伝えるのは難しい。



Model : 真崎みやび (さっぽろCute Photo 撮影会)



一枚一枚の写真の長所短所を見つけるのは簡単なことなんです。
だけど、それにも条件があります。
デジカメで撮った写真にそれを求められても、無理と言うものです。
どんなレタッチがしてあるのか、さっぱり解りません。
これでは、お手上げですね。
最低限、トリミングしていないプリント、あるいはポジでなくては判断を誤ってしまいかねない。

ネガで写したサービスプリントを見て、「モデルさんの指先が切れているのが残念だ」と言ったところで「ネガにはちゃんと写っています。」
といった答えが返ってくるだろう。
だったら最初からノートリミングで焼いたプリントで見せてよ、となります。
最終的な作品として出来上がった写真でなくては、答えようが無いわけです。
まさか、サービスプリントを「私の作品です」と言う人はいないでしょう。

「この部分をこうすれば、もっと良くなる」といったアドバイスは、比較的に簡単です。
それこそ、「ポートレート入門」といった本に書いてあることを、そのまま当てはめればよいだけのこと。
しかし、そんなアドバイスはいちいち貰わなくても、そのうちに覚えてゆくものです。
どんな人でも必ず上達するものですから。

出来上がった写真を「こうすればもっと良くなったのに」と言ってみたところで始まりません。
「もっと良くするためには、こうした写し方もありますよ」と伝えなくては解ってもらえない。
そして、それを実践してもらって初めて実感し、「なるほど」と解って貰える。

「こんなふうに写すことによって、こんな効果が現れる。」
「こんなふうに写すと、見る人にはこんな感覚をもたらすことができる。」

つまり、ヒントになるものを提示できなければ、ただの批判になりかねないんですね。

そして、もうひとつ大事なのは、そのカメラマンが身についてしまったを指摘してあげることも大事です。
これはなかなか自分では気が付かない。
縦位置ばかりで撮りたがる人。
どの写真もバストアップばかりになる人。
観察を怠った為に起こる構図の不安定さ、背景の処理のまずさ。
こうしたことは、ちょっとした事でいくらでも直せる部分です。
そもそも、どうしてこの場所にモデルさんを立たせたのか疑問に思うような写真では、何を撮りたかったのかが伝わってこない。

写真一枚が出来上がるのに必要な時間は数百分の一秒。
一日、撮り続けたとしてもわずかな時間しか使わないはず。
では、使っていないその時間を何に当てるのか。
しておかなくてはならないことは山ほどある。
写真はシャッターを押す前に完成させておかなくてはならない。

最後に一番大事なのは、写真に対する姿勢。
たとえアマチュアだとしても、カメラマンとして写真を残そうとするならば、それは作家の活動と同じだと思います。
「趣味で撮っているだけだから」「楽しければそれでいい」などと言う人もいますが、それは本音ではないでしょう。
少しでも良い写真が撮れなくては、長く続ける気にもならないでしょうし、素晴らしい写真が撮れて嬉しくない人もいないはず。
どんな写真を目指すのか、その為には何が必要で何が足りないのか。
そんなことを語り合い、創造のヒントになることが出来れば嬉しいですね。

「モデルさんの表情が良いですね」なんて感想は、モデルさんの手柄ですから喜んでもらっては困るんです。(笑
そこから先を考えなくてはなりません。



関連記事

tags : デジカメ レタッチ カメラマン ポジ 

コメント

確かに、おっしゃるとおりだと思います。
批判と感じるか、ご指導いただいているかと感じるのは
個人によって異なるので言い方がむずかしいですよね。

ただ一般的に(自分は)
「ポートレート入門」に書いていたとしても、
読み飛ばし気づいていない箇所の指摘、
悪癖の指摘が、
メインではないのでしょうか。

私も冷静に考えてみると、立て位置ばかり&バストアップばかりの写真が非常に多いです。
この間 引いた構図をとご指摘いただきましたが....

モデルさんについてのご批評はまあ,,,
あなたが撮ったからこんなに綺麗に写ったんだよなどの
ご本人からの批評以外うれしくありません。
他人からの評価は
モデルさんの手柄であり、モデルさんのスキルの賜物
であり 撮った写真の評価ではありませんから....(T-T)

2007.10.23  無為謂  編集

ネットで本音を書くのは難しいですね。と言うより私はですが書けません。いえ!もっと素直に言いますと書きません(^^;

2007.10.23  yukinobuk  編集

無為謂さん

結局、自分の作品は自分で判断しなくてはいけないんですよ。
ただし、もっと良くするためのヒントは自分では気付かないものです。
どうしてもワンパターンに陥りがちです。
そうした時には、出来上がった写真の評価よりも、どんな撮影の仕方をすれば良いのかが参考になったりしますね。

2007.10.23  H.T+House+田口  編集

yukinobuk さん

はい、文字だけで伝えようとするのは難しいです。
ネット上でしばしば見られる、掲示板などでの醜い受け答えには閉口してしまいますね。

2007.10.23  H.T+House+田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad