写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

ポジ・デジ・ネガ

2007.11.27

category : ポートレート

いろいろありますが、写真として最終的な作品を残そうとしたら、どうやって残せば良いのか。
つまり、プリントして残すのか。
それ以外のもので残すのか。




Model : 星 優香





ポジは撮影された段階で作品として完成されています。
もちろんプリントしてもかまいません。
しかし、ポジからのプリントはややコントラストが高めに出来上がってしまいます。
色調もプリント段階で調整は出来るものの、そのまま鑑賞できるわけですからそれは完成形として成り立ちます。

ではネガはと言うと、これはプリントするしかありません。
ポジに比べると、融通が利きますので露出のずれなどはプリントでカバー出来る範囲が広い。
したがって、撮影段階でセイフティがあるわけですから、このメリットを生かした撮影の仕方があるわけです。
光の条件がめまぐるしく変わるような場合でも、露出の補正に気を使わなくても被写体に集中して撮影が出来る。
今のTTLの露出計が内蔵されているカメラであれば、それほど露出をはずしてしまうことはないでしょう。

とは言っても、個々の写真に適正露出は存在するわけで、いいかげんな露出で撮っても大丈夫と言うわけではありません。
また、作画意図としての適正露出とただ単に露出が合っている、とでは意味が違います。

デジとなるとどうなるのか。
モニターで見るのか、プリントするのか。
なにせ実体のないデータですから、本物の色や明るさが解らない。
レタッチしてしまえば、尚更です。
最終的な作品として何を残せば良いのか。

写真の評価を判断する場合、どんな媒体を使っているのかによって判断が分かれても良いはずです。
そして、どんな物を見て判断するのかも同様です。
ポジを見て判断するのか。
ネガで撮ったサービスプリントで判断するのか。
PCのモニターで判断するのか。

ポジならば、もっとも撮り手の力量がその写真に現れていると言ってよいでしょう。
トリミングも出来なければ、露出、ピント、構図、どれも後から手を加えることが出来ない。

ネガならば、きちんとプリントしたものでなくては判断できない。
サービスプリントでは、そもそもケラレてしまっているので、その時点で撮影者の意図が解らない。
その写真が画面の隅々まで神経を使い、構図されたものなのか、その判断が出来ないのだ。
ネガであれば、ノートリミングの手焼きでなくては、判断が付きかねる。

デジに至っては、レタッチが前提みたいなものですから、正直に言って論じてもしょうがないような気がする。
もちろん良い写真には違いないのだろうけど、何を基準に判断したら良いのか・・・・・。

私も人様の写真を拝見させていただき、相談を受ける機会が増えてきた。
わたくしごときに、それを求めるのは無茶だとも思うのだが、それでも何か言わなくてはいけない。
個々の写真を判断するのであれば、どんな媒体を使っていても可能なのかもしれない。
しかし、そのカメラマンの力量を判断し適切なアドバイスをするとなると、判断の基準が必要になる。

やっぱり、ポジをそのまま見せてもらったほうが判断がしやすいのだ。


関連記事

tags : レタッチ カメラマン デジカメ 

コメント

確かに....

おっしゃりたいことよくわかります。

ポジでというのがなかなか自信がもてなくて、
今はネガで撮っていますが.....
ネガをトリミングしないでプリントしてくれるという
お店は今はなかなかないそうです。
デジではディスプレイ上ではトリミングしないで
全体像が見えるのでそれが利点と思っています。
ネガでは上下なくなってしまいますよね。

まあ...趣味にけちけちするなと言われそうですが、
ポジはシビア&値段が高くてなかなか手が出ないというのが本音です。
今使っているネガ、36枚で200円しないんですから...

2007.11.27  無為謂  編集

そうなんですよね

そこが痛いところなんですよ。
でも、それじゃデジでたくさん撮っただけ傑作が次々と生まれてくるかと言うと、どうでしょう。

昔、カメラを始めた頃にはカラーネガは高くて使えませんでした。
だからモノクロばかりで、それはそれは大事にシャッターを押していましたよ。

2007.11.27  H.T+House+田口  編集

私の場合はですが100%写真です。モデルさんがルーペで、いつでも見て頂けるのでしたら別ですが(^^;

銀塩の時代は下手ながら丁寧にシャッターを切っていました。お金がありませんので(^^;

ではデジ一で連射できる今はどうかといいまと自身が納得できる1カットが撮れるまでシャッターを切ります。

2年前ですがモデルさんの表情を追い過ぎて1カットで187枚が最高です。切り過ぎですね(^^;

2007.11.28  yukinobuk  編集

yukinobukさん

187枚は凄いです。

そこまで追求したい表情があったというだけで、なんだか羨ましいような気がしますね。

そもそも写真は、そうした撮りたいという強い欲求が起きて初めてシャッターを押すべきものかもしれません。

最近の私には残念ながら無いですね。

2007.11.28  H.T+House+田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad