写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

Zeiss ふたたび

2007.01.17

category : 写真

Zeiss のお話をもう少し。
写りそのものに関しては、どうなのよ?
となるわけですが・・・・・。
どうなんでしょ?
これまで使っていて特に不満に感じたことはありませんが、気になるところといえば絞り羽根の形状でしょうか。
私は特に好んでボケを使いますので、この絞り羽根の形が気になります。
少し絞ってやると、ノコギリ状になってしまうんですね。
このボケだけは気に入らない。
Zeiss はボケが綺麗だなどといわれますが、Planar 135mm F2.0 や Tele-Tessar 300mm F4.0 なんかはガタガタのボケになってしまいます。
もっとも、点光源を写す時にしか、そうした現象は出ないのですが、こうした条件での撮影は開放でしか使えないですね。

そして、意外と歪曲収差が多いレンズがあります。
Planar はけっこう歪みます。
50mm F1.4や85mm F1.4 などがそうです。
ほとんどが樽型です。
Distagon 35mm F1.4 もそうですね。
直線が飛び交うような建物を撮る場合は、とくに注意しないと「ゲッゲッ!! なんじゃこれは!」となります。
大口径はどうしてもフレアなどにも弱いもので、Zeissといえどもやっぱりフレアはでます。
もっともこのフレアは使いようによっては面白い効果も有りまして、花の撮影に85mmを使ったりするとフレアが良い雰囲気を作ってくれたりします。
二線ボケだってありますよ。
困ったことにこの二線ボケは、ファインダーの見え方と実際の画像とに差があるので始末が悪い。
ファインダーでは、さすが Zeiss ! と思ってシャッターを押すと、出来上がった写真を見て ??? となるわけです。

といったわけで、欠点だらけのZeissですが(笑
これしか持っていませんので、ブツブツ文句を言いながら使い続けているわけです。

そんなことより、光を選んでやらないと平凡な写りで終わってしまうもんだから、むしろそちらに気を使わなくてはなりません。
特に Planar は少し硬い光の方が相性が良いようです。
スタジオなどでのいわゆる光が良く廻っている状態では、開放気味で撮影するとちょっとつまらなく写ってしまいます。
柔らかい画質ばかりが目立ってしまい、フワフワのボケボケに成ってしまうんですね。
特にモノクロで撮影する時には、これは避けたい。
そんな時には、いつもより少し絞って撮影しています。
ピントのシャープさでそれを補っているわけなんです。
コントラストの付きづらいこうした光では、階調の幅が狭いのでレンズの良さを生かすことが出来ないのかと感じています。

さて、さて、ヤシコンが登場して何年になるのでしょうか?
当時は驚きの目で迎えられたこのレンズ群も、今やデジカメの隆盛の前ではすっかり霞んでしまったと思っていました。
オリンパスやキャノンに取り付けて楽しめる。
ニコン用のレンズも出ている様で、こうした選択肢が増えるのは嬉しいですね。
私はというと、良い写真が撮れたときは自分の腕が良いからだと確信し、出来の悪い写真はすべてレンズのせいにして撮り続けて行くつもりでおります。
これが健全な写真道というものです。(笑

これだけ悪口を書いたら、使う人も減ってしまうかな?(笑

Distagon 35mm F1.4





にほんブログ村 写真ブログへ


関連記事

tags : 写真 Zeiss 大口径 歪曲収差 Distagon Planar 

コメント

そんな事書かれるとよけい興味が涌きますね(笑)
ツァイスに憧れるものとしては・・・

2007.01.18  智乃介  編集

こんばんは。

さすがッアイス使いこなしてますねえ。

メーカーの人、カメラ屋さんは、フレアー、ゴースト、デストーションは抑えられているとか言いますけど、私にはあんまり差はないように見えます。

っていうか、常に使ってないからわからなぃつす。

私も含めて、ッアイスと言うだけで「ハハア~ッお代官様~!」とか「欧米カブレ」なるミーハーなファンもタクサン居ますので使う人は減らないと(笑)

でも上がりを見ると色乗りというのか、キチット出ていると思います。

例によって何を書いているのか分からなくなってきたのでこのへんで(笑)

2007.01.18  いまじん  編集

智乃介さん

憧れているうちが花なのよ・・・。(笑
初めて85mmを使った時には、明日の朝の燃えないゴミに出そうと本気で思いましたよ。[/色]

2007.01.18  管理人  編集

いまじんさん

そうですね~、Zeiss信者なる言葉があるくらいですから。
盲目的なファンもいるのでしょうね。
発売された当時は、明らかに他のレンズとは発色が違っていました。
雑誌の印刷でさえ、その違いがはっきりわかりました。
今では何処のレンズも大差はないでしょうね。
でも、これだけ個性的なレンズも珍しいでしょう。
今のレンズはどれも優秀で、面白みに欠ける物ばかりのようです。

2007.01.18  管理人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad