写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

結論への道

2008.04.06

category : ポートレート

ひとそれぞれに、使っている露出モードに違いはあるでしょうね。
私はほとんどが絞り優先





Model : 真崎みやび (さっぽろCute Photo 撮影会)



ほとんどの撮影はこれを使っています。
もちろんストロボ撮影などは違いますけどね。

ポートレートの場合、この絞り優先にしておけば補正ダイヤルを廻すだけで調整が効きます。
つまり、画面の印象を決める上でのボケをそのままに、露出を決めることが出来るからです。
露出を変えたために、意図したボケ方と違ってしまった。
とならないように、この方法を使っています。

画面に動きによるブレを作り出したい時には、シャッタースピード優先に切り替える。
レンズの焦点距離とモデルさんとの距離を計算に入れて、シャッタースピードを決める。

ほとんどの人がそうした使い方をしているのだろうと思っていたのだが、そうでもなかった。

昔、知り合ったある初心者の方は、最初に教わった人が悪かったのであろうか。
露出マニュアルで決めるのが正しいと思い込んでいた。
それも、露出計も使わずにマニュアルで撮影しているのだ。
つまり、この明るさなら絞りは○○で、シャッタースピードは○○だろうという勘で撮影しているわけです。
当時はまだ、フィルムでの撮影だったから、ポジが出来上がってきてから一喜一憂していた。
「この写真は露出が合っている」「この露出はアンダーだ」とやっているわけです。
そして、私に「この頃、やっときちんと合わせられるようになって来たよ」と言うのです。

つまり、その人にとっては撮った写真の内容よりも露出があっているか、いないかが最大の関心事なわけです。

これには驚いた。

上達するには露出計など使ってはいけない。
と思い込んでいたのだろうか。
いや、ひょっとすると本当にそう教わったのかもしれない。

露出を合わせる方法はいくつかあるが、オートを使わずにマニュアルで合わせるのが正しい。
そんなふうに考えている人もいるのではないだろうか。
オートに頼らず、マニュアルで撮っている、と言った方が、なんとなくプロっぽい。(笑
いや、上級者に聞こえるし、カッコイイ。(笑

では、出来あがってきた写真にどれだけの違いがあるのだろうか。
意図した露出に合わさっていれば、みんな同じだ。
ナンの違いもない。

測光モードにしても同じ。
私の使っているカメラには、中央重点スポットしか付いていない。
評価測光なんてものはついてない。
そもそも、評価測光って何を評価してるんだ? よく解らん。

中央重点とスポットを使い分けて撮影すれば、ほとんどのところではまず大丈夫。
まれにスタジオなどの照明では、メーターを使うくらいだ。

使っているフィルムがネガならば、プリントの段階で融通が利くわけですね。
それであれば、細かく調整はしない。
そういうときは、シャッターチャンス優先モード(笑
露出なんて気にしないで、ファインダーの中に集中する。

導かれる結論(露出)が同じならば、より単純な方を選ぶ。
出来上がってくる結果(写真)が同じならば、より効率の良い方を選ぶ。

この結論(露出)を出すのに戸惑ってしまうが為に、結果(写真)が左右されては本末転倒なのだ。







関連記事

tags : ポートレート 露出 評価測光 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad