写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

肌の質感

2008.04.14

category : ポートレート


先日も、どうということの無いポートレートが出来上がった。
モノクロで撮った写真なんだけど、モデルさんがはいている革のブーツの質感が妙に生々しい





Model : 咲良夢美




以前にも同じような感想を持ったことがある。
この質感の描写が上手く行くと、思わずにんまりしてしまうね。(笑
ほほう、このレンズにもこんな描写が出来るんだ・・・、なんてね。

でもね、あくまでも撮った写真ポートレートなんだな。
ブーツを撮ってるわけじゃない。

質感を出すなら、モデルさんのだろう。
でも、人の肌というものの質感を出そうとすると難しいんだな。
肌をリアルな質感で写そうとすると、よほど綺麗な肌でなければ失敗してしまう。
そこで、照明やフィルターで何とかしようと試みるわけだ。
でも、写真的には美しくなるかもしれないけど、やっぱりリアルな生々しい肌のぬくもりは失われてしまう。
いわゆる、「ビューティー」といわれる写真ですが、それはあくまでもメイクを写すことに主眼が置かれている。
それであれば、美しく撮るのが当たり前。
ところが、まるでセルロイドのお人形のような肌では興ざめだ。
そこが難しいんだな。

海外のプロ写真家のサイトを見ていると、この肌の質感をリアルに描写している写真を多く見かける。
「ビューティー」とは違うポートレートとしての写真の中にも、鮮明なリアリティを表現している写真がある。
そこら辺が、アイドルのグラビア写真と違うところだね。

それは、美しいだけがポートレートでは無い。
と主張しているかのようだ。

そこには人間が写っているんだな。
生身の人間が。
女性を美しく撮ることだけが、ポートレートの撮り方ではない。
生身の人間の存在感が、写真を支配している。

それには、やっぱり肌の生々しさが必要なんだな。




関連記事

tags : ポートレート 写真 

コメント

女性の肌は 何歳になっても綺麗でいたいです

青く透けるような肌の女性が良いですね

私も撮られるときにフィルターや照明を
使われたら嫌だろうな~~!

大女優さんは顔色が優れなかったら仕事にならないから泳ぎを日課にしてるらしいですね
これは また青く透ける肌と違う意味ですね・・

ポートレートって難しいね

2008.04.15  葉月  編集

葉月さん

そうですね。
お肌の調子は、健康のバロメーターかもしれませんね。

なにより、お肌の調子が悪いと自信を失ったようにモデルさんの元気も無い。

健康で生き生きしている姿は、それだけでも充分魅力的なんだよね。

2008.04.15  H.T+House+田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad