写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

シイ~チョン

2008.08.23

category : 雑感


近頃、スイーツという言葉をよく耳にしますね。
何でもかんでも、英語にしちゃうね。(笑





Model  : 桃井杏奈



甘党の人のことはスイーターなんて言うのかな?

私はというと、じつは甘党です。(笑
夏はアイスが手放せません。

まぁ~、それはさて置き。

我が家の庭シリーズです。

もはや虫の声が聞こえますね。
静まった夜には虫たちの合唱が聞こえます。

そういえば日本人は虫の声を音楽と捉えているといった話を聞いたことがあるね。
つまり、脳がどんなふうに認識しているかということなんだけど。
欧米人は単なる音として認識する。
日本人音楽として捉えているそうだ。

一般的に左脳には言語中枢がある人が多いから、左脳理屈を司る。
かたや右脳感覚を司ると言われているそうだ。
つまり、理論的な事柄は左脳が活発に働き、感覚的な音楽や美術などは右脳が働くそうです。

ところが、トランペットなどの金管楽器を聞くと右脳が活発になり、琴や尺八などの和楽器左脳が働くと言った研究があるそうな。
それじゃ~、虫の声は金管楽器と同じじゃないか。
あれ?
どうも、おかしいよね。
虫の声を音楽として認識している日本人は、独特の感性を持っているんじゃないの?
それなのに、日本特有の和楽器は左脳で虫の声は金管楽器と同じ右脳を使って聞いている・・・・。

まぁ~、虫の「声」などと表現するところが日本人的といえば、言えなくも無いよね。
いわゆる、わびさびの世界というわけですね。




関連記事

tags : 日本人 左脳 右脳 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad