写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

レタッチでおます。

2008.10.01

category : ポートレート


さて、モノクロレタッチを試してみた。
といっても、私が使っているフォトショップショボイので、出来る事なんて限られているんだけどね。










いろいろとやっているうちに、解ってきた事があって。
これはなかなかに面白いものです。
そもそも、モノクロの写真に何を求めるのか?
というところまでさかのぼると、多様な表現があることに気が付く。

まだ、デジカメが登場する以前の話。
カメラ雑誌にはモノクロの美しい写真を数多く見ることが出来た。
美しい階調を再現した写真。
粗粒子感を強調したインパクトのある写真。
その被写体やテーマに沿った表現方法を巧みに操り、完成度を高めた写真を見ることが出来たものです。

さて、時代はデジカメに移り、銀塩しか使っていない私でさえデータ化している。
本来のモノクロの現像、焼付けより、はるかに簡単にモノクロの写真を創りあげる事が出来ますね。
だけど、好んでモノクロの写真を取り上げる人は少ないね。
何故なんだろう?

みんなモノクロは好きじゃないのかな?

カラー写真を何枚か、モノクロにレタッチしてみた。
すると面白い事に気が付いた。
何枚かやっているうちに、「この写真はモノクロに向いているな」とか「この写真は効果が無いな」といった傾向がつかめてきた。
見慣れたカラー写真がモノクロになったとたん、新しい命が与えられるんだな。

もっとも、これは酷く手間が掛かる。
だけど、その手間を惜しんでいては行き着けない。
フィルムの現像から始める事を考えると、ずっと楽な事なんだけどね。

今やネットにはおびただしい数の写真が溢れている。
なかには美しい写真がたくさんあります。
しかし、首を傾げたくなるような写真も数多い。
質感もコントラストも、どうしてこんなに悪いのかと思うような写真もあるね。
解像度が悪かったり、逆にシャープネスを効かせ過ぎていたり。

少なくとも写真を扱うサイトなら、もう少し何とかしたいものだ。

ただし、プリントを前提にしているのか。
Web上での公開を前提にしているのか。
それによって随分と違ってくるのかもしれない。

また、レンズや撮影テクニックによっても違いがあるのか・・・・。
一概には言えないのかもしれませんね。





関連記事

tags : モノクロ レタッチ フォトショップ デジカメ 

コメント

あ、渚ちゃんだ、、、懐かしい~~~、、、ってモノクロの話しですね、、、思わず反応しました、、、。

カラーとは別な世界観が広がって、私は好きですね、今はデジタルで、いろんな写真表現が広がって写真を楽しむにはほんといい時代になったと思います。
その反面、かえって勉強しないと行けないことも多くなったと思いますね、、、。

あとから、渚ちゃんの写真見てみよう、、、。

2008.10.01  Tokuchan  編集

Tokuchanさん

そうですね、写真に親しみやすくなった事は確かですね。
ただ、どうでしょう。
質の高さを追求してゆく姿勢が、昔に比べると・・・・・。
手軽で簡単に撮影できることが、ベテランのカメラマンにまで可笑しな影響を与えているように感じてなりません。

2008.10.01  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad