写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

モノクロ的発想

2008.10.04

category : ポートレート


私は銀塩フィルムしか使っておりません。
ですから Web上では、このフィルムで撮影した写真をスキャンしているわけです。





Model  : まりえ



もちろんフィルムに写った写真を、そのまま見ていただくのが一番良いのですが。
Web ではそうも行きませんね。

ですから、出来るだけクオリティを落とさずに見ていただくために苦労するわけです。
ポジの画像をそのままに再現できるよう、出来るだけ忠実に絵を整えます。
それでも、スキャナーのせいで画像の一部がケラレたり、ネガの場合はその再現が上手く行きません。

ポートレートのカラー写真は、ほとんどがポジフィルム。
モノクロC-41処理のカラーネガを使っております。
レタッチモノクロに限り、粒子感を出したりコントラストを修正しています。

そこで、最近はこのモノクロレタッチを上手にやろうと思い。
試行錯誤を繰り返しております。

モノクロのフィルムで撮影しているときには、自分の眼がモノクロになっている事に気が付きます。
しかし、それも一通りではありません。
豊かな階調を再現する為の光と、コントラストを高めた硬い光を使った表現と。
その二つを使い分けます。
また、モノクロは色の情報を捨て去るわけです。
ですから、モデルさんの背景に余計な色が写り込んでも、モノクロとして問題なければさほど気にすることもありません。
それだけ自由度が効く訳ですから、光だけに集中できます。
カラー的に面白くない、つまり色彩的に寂しいようなロケーションでも表現方法を見つけ出す事が出来る。

そうしてみると、カラーポジで撮った写真もモノクロにしてみると、また違った写真として見ることが出来ます。

この二枚の写真は、同じ写真です。
アスファルトの地面に石のモニュメント。
どれも無機質なシチュエーションの中にモデルさんを配置しています。
ところが背景の一部に緑の芝生が入ってしまう。
これが写真の力を弱めてしまう。
それならばと、モノクロに加工。
意図した表現に少しは近付く事が出来たかな・・・・・。

最近はデジカメが主流です。
簡単にモノクロにレタッチできますね。

失敗写真を何でもモノクロにして見せてしまう。
というのはどうかと思いますが、モノクロ的発想で見直してみると。
また、違った写真が見えてきます。





関連記事

tags : レタッチ モノクロ モデル ポートレート 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad