写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

ドタバタなライティング

2008.11.24

category : ポートレート


さて、現像が上がってくるまで手持ちブタブタです。
それにしても、ドタバタな撮影でした。









ライティングに使おうと思って、せっかく仕入れてきた資材はほとんど役に立たず
ただ時間を浪費するだけになるとは・・・・・・。

頭で創りあげるライティングというのは、まったくもって当てになりませんな。
大笑いでございます。

しかも、AA氏がわざわざ用意してくれた大型の扇風機も結局は使えず・・・・。
あんまり強力な風が来るもんだから、組み上げた資材が飛ばされそうになるよ。
これには参った・・・・。(笑

そこで、思い通りのライティングに出来上がったかというと、AA氏のアドバイスを戴いたおかげで何とかなったようです。
感謝感激でございます。
やっぱりライティング経験ですね。

今回はシャドーをどうするか・・・・・。
が、テーマでした。

硬い光をそのままでぶつけたんでは、せっかくのモデルさんのを生かすことが出来ない。
そこでデフューズするわけなんですが、これが難しい。
全身の大きさになるように光を柔らかくする必要があるので、ストロボ三灯を使いました。

ところがどうも足元まで光が廻っていない。
しかも、これだけでは単に弱い光になっただけ。
シャドーをもう少し持ち上げたい。
そうした時にはレフ板なんかで補うわけです。
ところが、回り込む光が少ないから、予想以上にレフが効かない・・・・・。

つまり、照明に近いモデルさんの半身は飛びそうなくらいに明るくて、反対側の半身はシャドーがきつい
柔らかな光をいかに遠くまで届かせるか。
ここが難しいわけです。

う~ん、時間は刻々と過ぎてゆく・・・・・・・。
まいったね・・・・。トホホでございます。

今日は、そのAA氏とお逢いできたので、改良点をいろいろとお話できた。

う~ん、なるほど。
撮影が終わってから、次々と浮かんでくるGooDアイディア

もう一度やってみようかな・・・・・・。

ほんと、懲りないオッサンだよ・・・・・。







関連記事

tags : モデル ライティング ストロボ レフ板 デフューズ 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad