写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

3月には・・・

2008.12.17

category : ポートレート


まだまだ、スタジオでの撮影が続きますね。
カラーネットさんのスタジオでは、いつもライティングをしてくれるAA氏。






Model : 国生さつき



機材を駆使して、さまざまな光を作り出してくれます。
他の撮影会ではどうだか解りませんが、ここまで自由度の高い撮影会は無いんじゃないかな。

ほとんどが左右から定常光をあてて、はいどうぞ・・・・。
それで終わりでしょうね。

もっとも大人数の撮影ともなると、撮り位置が極端に限定されるようなライティングでは困り者。
そこら辺が難しいですね。
良い作品を撮って貰いたい。
そうした情熱が伝わってくるから、こっちも力が入ります。
モデルさんのモチベーションも上がろうと言うものです。

さて、我サークルでは初の撮影が岩見沢の温室で行われました。
ここは暖かくていいね。
一足早い春を満喫です。
でも、写真を撮るには難しいよ。
まぁ~、芝生の感触を楽しめただけでも、よかったよ。

しばらく使っていなかった21mmレンズをスタジオで使ってみる。
強烈なパースが魅力のレンズですが、室内で使うと・・・・・。
まぁ~、21mmの写真が撮れる訳です。(笑

使いようによっては、狭い室内を広く見せる事は可能ですが。
だからと言って、どうなるわけでも無いよ・・・・・・。
超広角は、やっぱりある程度の広さや高さを表現する時に威力を発揮しますね。
つまり、狭い空間ではパースを効かせる要素が少ないんだね。

ただ、光量が足りないときには、寄れるんで良いでしょうな。
しかも被写界深度が深いので、ピントは適当でOK。
多少の手ブレも目立ちませんな。
こういう条件の時には、モデルさんに動いてもらった方が良いでしょう。
適当にブレが生まれて、面白いかもしれません。
今度はそうした狙いで、もう一度やってみようかな。




関連記事

tags : ライティング モデル 撮影会 超広角 国生さつき 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad