写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

黒澤明の製作現場

2009.01.05

category : 映画

没後10年の特集番組が組まれていますね。
「七人の侍」の制作の裏話を見たが、なるほど面白かった。





Model  : 綾瀬花鈴



例えば登場人物の設定。
シナリオを作成する段階で、絵コンテを交えながら輪郭を創りあげてゆく。
侍の中でもリーダー的な存在の「勘平」にいたっては、ノート一冊ほども書き記されていたそうな。
身長、体重、生まれに性格。
事細かに煮詰めていったそうだ。
そして衣装のデザインを決め、配役が決まってゆく。

そうして作り出された架空の人物が映画の中で動き出す。

この性格のこの人物なら、ここでこんな台詞を言うだろう。
ここでこんな行動をとるだろう。
ひとつひとつが納得の行く演技となるから、あたかも実在する人物を見るように生き生きと動き出す。

「椿三十郎」のなかで主人公の浪人、三十郎が若侍に説教をする場面がある。
若侍は正座し、だれも皆うなだれている。
三十郎はというと大きな徳利を手元に置き、を飲みながら言うのである

「まったく、おめぇ~たちゃ、立派だよ」
「せっかく俺が作ったお膳立てをぶっ壊してしまうんだからな」
「こんな事じゃ城代家老を助け出す頃にゃ~、オレは白髪の七十郎だぜ、おい!」

すると、どこかでの声。
すると三十郎がすかさず。

「のどかなもんだぁ~!」

この場面は私のお気に入りなんだな。

この鶯の声を入れた演出も見事なものだが、もうひとつ際立った演出がこの場面にある。

三十郎は、なんと碁盤(将棋盤かな?)の上にあぐらを掻いて酒を飲んでいるのである。
もちろんこの家の主が愛用しているであろう、りっぱな碁盤を浪人者が尻の下にしているのである。

この場面ひとつで、この三十郎という人物の性格を端的に現している。
いや、この人物ならいかにもやりかねないと納得させられる演出なのだ。

思わず、上手い!!!
と叫んでしまう。

先日テレビで見たリメイク版では、このシーンが出てこなかった・・・・。
テレビだからカットされてしまったのか?

う~ん、残念だ・・・・。






関連記事

tags : 七人の侍 椿三十郎 黒澤明 綾瀬花鈴 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad