写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

意味不明(写真用語)

2009.01.17

category : 写真


最近、写真用語を誤って使っている人を多く見かけるようになりました。
なぜか、目に付く事が多いんです。





Model  : 樹理



一般的に、これまで通例として使われてきた写真用語が通じなくなってしまっては都合が悪い。
まぁ~、私も専門家ではありませんが、ここらで自分なりに復習してみようかと思います。

色かぶりという言葉がありますね。
先日、あるブログを拝見していたら、どうもこの言葉の意味を勘違いしているように見受けました。

光源には大きく分けると自然光人口光の二つがあります。
時には自然光と人口光をミックスさせて撮影しますね。
日中シンクロがこれに当たります。

同じ人口光でも、照明機材の種類によって色が変わります。
ストロボ、写真電球(タングステンライト)、蛍光灯。
色温度に違いのある光源を同時に使って撮影したりすると、自然な発色にならず色がかぶります。
また、自然光だけでも木々の中で撮影したりすると、緑の芝や樹の葉の緑色がかぶることがあります。
こうした症状を色かぶりといいます。

ところがタングステン光だけで撮影している場合でも、色かぶりと誤解している人がいますね。
タングステン光は、そもそも自然光とはまったく違う色温度の照明機材です。
したがって、フィルムで撮影する場合はタングステン用のフィルムを使うことによって、自然光と同じ発色を得られます。
デジカメの場合はホワイトバランスを設定することによって自然光と同じになります。
そもそも、そのように作られた照明機材です。
したがって、タングステン電球の色そのものが色かぶりを起こしているわけではありません。

私はこの電球色が好きですので、フィルターやタングステン用のフィルムを使わず、そのまま撮影する事が多いですね。

また、曇天の場合や晴天時の日陰などでは、冷調に写る場合があります。
これは、色温度高くなってしまうために、やや青味がかった色調になるからです。
フィルムカメラには、こうした場合の為の温調となるように作られたフィルターがありますね。
屋外での撮影時には、色温度が晴天時の標準とされる5500Kより高くなったり低くなったりといった現象は頻繁に起こります。

こうしたケースは、色かぶりを起こしているとは言わないかもしれません。
単純に色温度が晴天時と比べて、ずれているだけですから。

色かぶりというのなら、二つ以上の異なった色温度光源によって色調にムラが出来る場合。
あるいは、単一の光源でも壁や床などの反射や、透過光によってムラができる場合。
と解釈したほうが良いと思います。




関連記事

tags : ホワイトバランス 色温度 光源 タングステン ストロボ 樹理 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad