写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

制約

2009.03.12

category : 写真


ポートレートで使っているレンズは総て単焦点。
撮影会では用意するレンズは3本くらいでしょうか。





Model  : あ~たん



今日はこのレンズで撮ろう。
と、決めて出かけるわけです。

初めての撮影場所となれば、どんなレンズを揃えたら良いのか迷うところですが。
何度か撮影している場所であれば、出来上がる写真に想像はつくものです。

私は自分のHPポートレートを公開しているわけですが、使用レンズ毎にカテゴライズしています。
ですから、どうしたって持っているレンズ満遍なく使わなくてはいけない。
次回の更新はこのレンズの番だから、このレンズで撮っておこう・・・。
となるわけです。

撮影当日、あのレンズを持って来れば良かった!!
といった事も何度かありますね。
でも、今持って来ているレンズで何とかするしかない。

そこで工夫するわけです。

考えてみれば、これが良い訓練になっています。
超広角から望遠までのズームが一本あれば、そんな苦労はしなくて済むのでしょう。
いとも簡単に創りたい写真が撮れるのかもしれない。

つまり、制約の中でいかに自分が創りたい物に近づけるかは、工夫観察が必要になるわけです。
この工夫と観察がなければ、どんなレンズを使っていようと自分の作品にならない。

不自由である事自体に、良いヒントを見つけ出す鍵が隠れている。
それを見過ごしてしまわないためには、安易にシャッターを押せない状態にしておく必要があると考えている。

どうも私は、そんな制約がなければ頭が働かないように出来ているようだ。

まったく、厄介この上ない気質なのだ。




関連記事

tags : レンズ ズーム 超広角 望遠 あ~たん ポートレート 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad