写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

光についてのあれこれ

2009.03.15

category : 写真


久しぶりの撮影
って、良く考えたら、そんなに久しぶりでもないような・・・・。





Model : 雨宮エリカ



このところ曲作りに没頭していましたんで、撮影はなんだか久しぶりのような・・・・。

今回はカメラマンの人数も少なめでしたので、ライティングにも時間を掛けてセッティングしてくださいました。
こうした撮影がありがたいですね。
そこにはいろいろなヒントが見つかります。

さて、ライティングに凝りだすと、どうしても光量が足りない状態に陥りがちです。
優しい柔らかな光を求めようとすると、光量が足りなくなる。
そうしたケースは良くありますね。
三脚で撮影すれば良いのですが。
って、本来そうして撮影するのが当たり前なんですけどね・・・・・。

囲みの撮影では、まさか三脚で、というわけには行かないよね。(笑

この柔らかい光光量は、微妙な関係にあります。
柔らかい光は光源の面積を広くする事によって、得られることは間違いありません。
つまり、直射ではなくてバウンズさせたりデフューズしたり。

そうなると、光源を直射するわけではないので、当然、光量は落ちる
それを補おうとして光源を増やすと、明るくはなるんですが・・・・。
どうも柔らかい光とは、ちょっと違うような・・・・・。

では、柔らかい光とはいったいナンなのか。

う~ん、説明するのが難しいぞ。

光が良く廻っている
という表現があるけど。
確かにそうした条件のときは、光は柔らかくなっている。
晴天の順光と曇天の光を思い浮かべると、すぐに解るよね。

晴天の順光は光はたっぷりあるけど、きつい陰が出来る。
曇天は何処を向いても陰は出来ないけど、光は弱い

強い光だけど柔らかい。
弱い光だけど良く廻っている。

この条件を満たす為には、テクニックが必要ですね。
ライティングの技術と、撮影の技術。
その双方が噛み合った時、素晴らしい光を捉えた写真が出来上がるのではないだろうか。

う~ん、こんな事を考えていたら、時間が足りないよ。

この続きは、次回に・・・・・。





関連記事

tags : ライティング バウンズ デフューズ 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad