写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

ビ~・ジ~・エム

2009.03.27

category : ポートレート


さて、次回の作品の為のBGMを創っております。
とりあえずはモチーフが出来上がりました。






Model : 樹理



そこからどう展開してゆくか・・・・。
なんですが、ここに写真が加わる。

それらを同時に進めるというのは、ちょっと無理なわけでして。
どれかを先に創りあげなくてはならない。

そうなると、どれを先に創りあげておくか。
という問題がでてきまして・・・・・。

さて?
どれを先にすべきなんでしょうか?????


今のところ曲が先行しております。
曲調が決まれば、おのずとどんな写真がふさわしいのかが見えてきそうな気がします。
しかし、この手順が一番良いのかどうか?
私には解らない・・・・・。

はモデルさんにお任せするから良いとして。
どう考えても私の場合は、写真を撮るより曲を創る方が苦手
ですから、撮れた写真にふさわしい曲を創るほうが、ずっと難しいようです。

これは、単に曲を創るテクニックの問題だけじゃないような気がしている。
多くの場合、写真から音楽をイメージするより、音楽を聴いていて写真をイメージすることのほうが多いのだ。

音楽というものは、誰もが聞いていてイメージする共通の言語だと感じている。
つまり解りやすい。
曲調によって、明るい曲、暗い曲、悲しさや、恐さ。
誰もが同じ印象を受けるものだ。

ところが写真は直接、眼に入ってくる情報のはずなのに、その受け取り方には個人差があるようだ。
いや、解釈の仕方が一通りではないわけだ。
それだけ創造性があって、ある意味言葉に近いかもしれない。
受け取る側がそれぞれにイメージを膨らませ、いかようにも解釈が取れる。

そう考えると、やはり先に曲が出来上がっていたほうが都合がよいようだ。




関連記事

tags : 写真 樹理 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad