写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

シャッターを押しても写真は創れない

2009.05.06

category : ポートレート


おっと、を少し直したいね。
衣装も直して・・・・・。





Model : 星崎 桂香



そんな場面に良く出くわしますね。
生身の人間を撮っているわけですから、当然です。

そんな修正をしながら撮影を続けます。

いやいや、その前にしておかなくてはならない事がいっぱいあるよ。
シャッターを切るのはそれからでも遅くは無い。
写真シャッターを切る前に作っておくものですから。

100枚写して同じものが出来るくらいなら、10枚で総てを撮り尽くしたい。

その為には、出来る限りのことを整えておく。
モデルさんの立ち位置に始まり、背景、光、そして最後に自分の立ち位置。

ところがカメラマンの中には、とにかくシャッターを切っていないと気が済まない人もいるようですね。

撮影会などでは、複数のカメラマンが一緒に撮影するわけです。
良いシチュエーション美しい光を得られたときには、誰の眼にも良い写真が出来そうだと感じるものです。
そんな場面では、こぞってシャッターを押しています。
これは誰もみな同じ。

ところが、このよいシチュエーションや光を探したり、といった作業には眼もくれない人が多い。
そんなことに時間をかけるくらいなら、とにかくシャッターを押していた方が良いと感じている人が多いようです。

さて、どっちに時間をかけたほうが良いのか。
あるいは、どっちの時間が無駄になっているのか。

写真一枚は、数百分の一秒で出来上がる。
これは誰がシャッターを押しても同じ。

しかし、何のアイディアを持たずに漠然とシャッターを押した写真と。
光や背景、シチュエーションを整えて完成させた写真とでは、あきらかに差が付く。

それは何故か?

答えはシャッターを押す前に、何をしたかのか、しなかったのか。
それが決定的な差になって現れる。

この場所の光がこういう状態だから、ここを背景にするとこんな写真が出来そうだ。
その効果をより高める為には、どんなポージングでどんな表情がふさわしいのか。

やるべき事は、たくさんありますね。

シャッターを押せば写真は写りますが、それだけでは創りだす事は出来ない。






関連記事

tags : 写真 シチュエーション モデル 星崎桂香 

コメント

多いi枚数=有効的?

田口 様

むかしカシャカシャカシャの
連写音がモデルをやる気に
させるとかいう伝説がありました
また
ネガからデジタルに乗りかえた
友人もシャッターをプロカメラマンの
ように好きなだけ押せる
枚数を気にしないところがデジカメの
ありがたいところだとよろこんでます
伝説は、「毛深い女は、情が深い」と
同じぐらいに信じてません
また撮影枚数も報道写真やスポーツ写真なら
ともかく一時間ちょいの囲み撮り撮影会で
数千枚をこえる写真を撮るなんて意味があるので
しょうか?
私は、フィルムで撮ってキタムラカメラで
プリントしてもらってるからこそお金と時間の
有効的に使うことをかんがえるようになりました
実力がつくほどに枚数は、少なくなるというのが
私の伝説?ですね(笑)。


2009.05.06  あわおやじ  編集

こんばんは。

撮影会というものに参加したことはありませんが、きっとシャッターを切りまくる人
は、ちょっとした表情の変化も逃したくないという思いもあるのかも知れませんね。
しかし、まぁ、その理屈だと、自分が求めてない表情の時もシャッターを切ってる
わけでしょうから、ある意味まぐれ当たりを期待してるのかも知れませんね。

といいつつ、僕なんか連写したってまぐれ当たりも来ないでしょうけど(苦笑)

そういえば、前にもお話がありましたが、光を読むというか、探すのは人物撮影では
とても重要ですよね。光の向きだけで全然違った写真が出来上がりますものね。

最後に失礼かとも思いましたが、人物撮影で非常に気に入ってるサイトの写真を。
http://jinkyart.com.au/blog/2009/02/13/friends/
女性のカメラマンで、子供が中心のものが大半なのですが、光の具合がとても好きです。

2009.05.07  Sato  編集

あわおやじさん

確かに経験の豊富なモデルさんは、リズム良くシャッターを押す事によってノリが良くなりますね。
動きのある写真が欲しい時などは、私もやりますよ。
連写だって、それなりの狙いがあってなら解るんです。
問題はその狙いがあって撮影しているのか否か。
というところだと思います。

2009.05.07  H.T House 田口  編集

Satoさん

そうですね、表情を逃さないためにシャッターを多く切る事もありますね。
それも有効な手段です。
ただそれも、良い表情が期待できるシチュエーションを探し出し、より写真として効果的な光などを整えた上での話しですね。
ここに時間を使おうとしなければ、偶然を期待するしかありません。
御紹介いただいたサイト。
素敵ですね。
なんと言っても子供たちの表情が素晴らしいです。

2009.05.07  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad