写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

空とPL

2009.05.24

category : ポートレート


今日は久しぶりに撮影。
3週間ぶりにカメラを持ちました。





Model : 咲良 夢美



午後になってから、ようやく青空が出ましたね。
旭山から見る札幌の町並みは、それでも少し霞んでいる。
春霞だね。

私が一番、美しいと感じた空は、やっぱり冬の空でした。
「鏡のように光って」と言う表現にピッタリの空でした。
透明感があって、一枚のガラスのように透き通った青でした。

数年前の秋には、不思議な空を見たことがあります。
台風一過の晴天でしたが、風も強く大気中の埃が取り払われたような空でした。
それは青と言うより、むしろに近いような色でしたね。
これが本来の空の色だったんだと、感じたのを覚えています。

その時、風力発電用の風車をバックに撮った写真を見ると、空は完全にのように暗い色になっていました。
PLフィルターを使ったからですね。
まさに、青でも紫でもなく黒い空なんです。
時に写真というのは、現実に眼で見る世界とは違う世界も作り上げてしまいます。
いわゆる擬似夜景というものです。

私はこのPLフィルターを良く使います。
晴天の青空を望める時には、ポートレートでも使います。
ところがポートレートの場合は良く逆光を使いますので、出番が少ない。
せっかく綺麗な青空なんですが、順光でなくてはPLの効き目がありません。

しかし、PLは何も空だけの為のフィルターではありません。
アスファルト石畳などは思った以上に光を反射するんです。
ですから逆光の時でもそれなりに利用価値はある。
PLを使うと、そうした反射光を抑える事が出来るので、画面に落ち着きとコンタラストを与える事が出来ますね。

でも、あまりPLをポートレートで使っている人は見かけませんね。
まぁ~、なくても撮れないものじゃないですから。

順光もそうだよね。
何が何でも逆光で撮ろうとする。
でも、せめて綺麗な青空があるなら、この青空と一緒に一枚は押さえておきたい。

写真は春の空。
晴天というほど綺麗な空ではなかったと思うんだけど、レンズの周辺光量落ちのせいも合って、暗くなりすぎちゃったよ。(笑





関連記事

tags : ポートレート 反射光 PLフィルター 咲良夢美 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad