写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

依頼する写真・依頼される写真

2009.11.03

category : ポートレート



あるカメラマンさんの日記では、写真展に向けてモデルさんを募集するそうだ。




Model : KAZ



その理由は、目標を明確にした以上、ともに作り上げてゆくパートナーが必要。
それには、やはり意欲の有るモデルさんでなくては成功しないだろうと。

確かにその通りですね。
長い時間を掛けて写真展というひとつの目標をクリアするには、誰でも良い筈がない。

その方法が一番良いかも知れない。

私にも覚えがあります。

これまでに作品撮りに至ったケースのなかで、初めてお逢いしたその場で撮影したというのが2回ほどある。
もちろん、それまでにはメールでのやり取りがあった。
それでも、ちゃんと撮影できたのは、モデルさん自身が望む写真を明確にイメージしていたり、写真に対する熱意を持っているモデルさんだったから。

ひとつの作品を創り上げようとすると、目的意識と写真の方向性を共有する必要がある。
もちろん、時間や物理的な条件も同じ。

そして作品の創造に対するお互いの温度差があっては上手く行かないのだ。

そこに温度差があると、いくらカメラマンが頑張っても、いや頑張れば頑張るほど。
「別に私がモデルじゃなくても・・・・・」
となってしまう。

大事なのは、ここなのだ。

モデルさんからの依頼である場合。
そのモデルさんの思う通りの作品を撮るのは大変な事だと思う。
しかし、出発点としてはすでに整っている。
後はどんな作品にするかを打ち合わせて行けばよい。

カメラマンから依頼するのであれば、まずそこをクリアする必要がある。
そこで間違ってしまうと。
「他の人に頼んでください・・・・・」
ということに成りかねないのだ。

結局、どんなに素晴らしい写真が頭の中にあっても。
それを実現できないという事になってしまう。




関連記事

tags : モデル カメラマン KAZ 

コメント

ある段階までは「容姿」や「スキル」で補えるのでしょう。
でも、田口さんのように「作品作り」となると、

>目的意識と写真の方向性を共有

が必要不可欠で、その前提条件として

>時間や物理的な条件が一致する

ことも重要になってきますね。


それぞれ雰囲気を持ったモデルさんが田口さんの周りに集まってくるのはあなたの人徳と、そして何よりも「作品」を目にした時に「ナニカ」を感じて、この方に撮ってもらいたい。一緒に作品を創りたい・・・という気持ちになるのでしょう。

今後も楽しみにしています。
勉強になりますv-22

2009.11.04  suisui  編集

suisui さん

あんまり褒めちゃ、ダメですよ。
樹に登って降りてこなくなりますから。(笑

趣味で撮っている写真ですから、それぞれ楽しんでいれば良いのですが。
残念なことに、ここ北海道では自信の創造に意欲的なカメラマンが少ないですね。

モデルさんやメイクさんなど、本当に恵まれています。
ありがたいことです。

2009.11.04  H.T House 田口  編集

素人モデルさん

田口 様

撮影の才能があるように素人のモデルさんにも
被写体としての才能をもってる人がいます
それは、ただ顔やスタイルがプロなみの
人というわけでは、ありません、
絵になる女性、最終的には、絵にされてしまう
女性です、そんな女性にめぐりあったとき
どう撮影の交渉をするか?
カメラや撮影技術いがいのとこで自分の
実力がためされるところですね。

2009.11.07  あわおやじ  編集

あわおやじ さん

その通りだと思います。

素人のモデルさんでも、素晴らしいモデルさんはたくさんいます。
カメラマンって、プロディースする能力も必要ですね。
プロならばクライアント側でおぜん立てをするのでしょうが、アマのカメラマンでは自分でするしかありません。
コミュニケーションこそ、撮影を成否を決定付ける大事な要素だと思います。

2009.11.07  Ht.House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad