写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

モノクロのヒント

2009.12.24

category : ポートレート


さて、今年もモノクロの撮影を続けてきましたが。
どうやら、少しだけヒントが見つかったのも今年です。






Model : 池田静香



モノクロC-41処理のカラーネガを使っております。
BW400とかXP2などですね。

このフィルムをスキャナーでデータ化するわけですが。
どうもポジのようには上手く行かない。

試行錯誤の上に、見つけ出したのがスキャンする時のサイズと露光調整

私の場合は、極端にアンダーだったりオーバーだったりという撮影が多いので。
こうした調整が不可欠だったようです。

少しだけコツを掴んで、何とか見れるようにまでなったかな?

モノクロ写真の魅力は、何と言っても階調の美しさ。
白と黒だけで創り出す平面の中に、その存在を浮かび上がらせる。
仕上がりの良し悪しで、写真そのものの出来が変ってしまう。

だからこそ、最高の一枚へと追い込む作業が欠かせないのです。




関連記事

tags : モノクロ 写真 池田静香 

コメント

モノクロ異空間

田口 様

ネガユーザーの私としては、
モノクロは、フイルムが変わると
いうことで異空間のようなものです
さらに色がなくなるということで
カラー世界の基準値とかきまりごと
とかが良い意味でとっぱらいになる
パラレルワールドと意識して
モデルさんのもつ本質やカメラマンの
もつ本質、あるいは、その逆の部分を
少しデフォルメして表現する演出も
楽しいかと思いますよ。

PS 今のデジカメ世代の若者に
   したら
   モノクロってプリントの
   モードかえたらいいだけでしょ
   そんなおおげさなにかんがえる
   ことないじゃん・・
   と笑われそうですね(笑)。

2009.12.27  あわおやじ  編集

あわおやじ  さん

たしかに、モノクロはデジカメの世代の人たちにしたら、どうしてわざわざそんな事をするのか、理解に苦しむかもしれませんね。

モノクロの表現力には、私自身まだわからないところだらけです。

2009.12.27  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad