写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

一度、やってみたかった

2010.02.07

category : ポートレート


一度、やってみたかったライティング
やっと実現できました。





Model : a o



う~ん、思い通りにできたかと言うと・・・・。
70%の出来でしょうか。

このライティングモデルさんを何処に立たせるか
で、随分と出来上がりが変ってしまいます。
かなりの数のデータを揃えなくては、いけないことがわかった。
適正露出は段階露光で押さえておく事が出来ても、それとは別の次元の話なんだな
つまり、モデルさんの立ち位置で光の性質が変わる。
上手く使い分けると、一粒で二度三度とおいしい光だね。

さらに光源と背景の距離やカポックとの距離によって、さまざまに変化するだろう。
スローシャッターにすれば、動きのある絵も出来そうだ。

衣装も選ぶライティングだね。
どうやら、淡い色の衣装が会いそうです。

コマーシャルフォトシリーズ」なんかを見ていると。
1500wsのストロボを8灯なんて使ってるけど。
こっちには、そんな物ありゃしない。

なかには20灯も使っている写真もあるね。
スタジオの広さだって、まるで倉庫のような広さだ。

だから、まったく同じライティングなんて出来ないわけだよ。

でもね、そういう不自由さがあればこそ、工夫するわけなんだな。

限られたスタジオという空間。
この空間にだって制限があるわけで、用意できる機材も限られている。
与えられた空間と機材の中で何とかするしかない。

ひとつ解った事は、このライティングだとキャッチが入らないんだな。
これは気が付かなかった。

う~ん、どうしたらよいのか・・・・。

正面からライトを充てたら台無しになるしね。
となると、やっぱりあれしかない・・・・。

次回の課題ですね。
もう一度やってみたいな。








関連記事

tags : ライティング コマーシャルフォトシリーズ スタジオ ao モデル 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad