写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

ブラックミスト

2010.04.11

category : ポートレート


ブラックリストじゃありませんよ。
ブラックミスト
あるカメラマンさんから教えていただいたフィルターをさっそく試してみました。





Model : 和恵



光源は蛍光灯タングステン光
フィルムはカラーモノクロの2種類です。

このフィルターはコントラストを押さえる働きがあるとのことなので、ポートレートに使えるかも。
と思って試してみました。
そしてミストという名の通り、ソフト系のフィルターと同じ効果があるそうです。

まずはモノクロから。
やはりコントラストは大人しくなりますね。
蛍光灯では光源を近づけ、ハイライトを作って撮影しました。
意図的に顔にはが出来るようにライティング。
モデルさんの立ち位置によって、その影が変化します。
本当は前からレフで起こした光をもう少し当てたかったところなんだけど。
そうすると、カメラマンの立ち位置が限定されてしまうんで今回は断念。

ソフト効果はというと、ソフト系のフィルターに比べると効果は少ない方です。
ハイライト側には若干の効果がありますが、いわゆるフォギーのようなボヤケはありません。
したがって肌の質感もちゃんと残ります。

そもそもソフトフィルターなんて、ほとんど使わない。
ポートレートを撮り始めた頃、なんだか綺麗に写るような気がして喜んで使っていたけど。(笑
すぐに飽きちゃったな。
それから多重露光なんかで似たような効果を出して遊んでいた。

ソフト効果については、次回書くことにしますが。

このフィルターを使ってみようと思ったのは、コントラストの調整に使えそうだから。
私はモノクロが好き。
モノクロで美しい階調を出すのは、なかなか難しい。
手っ取り早いのは、ライティングです。
出来るだけ柔らかい光を作ると、階調がよく出ます。

柔らかい光と言うのは、「が出来ないようにする」というのとはちょっと違う。
単純に影が出来ないようにするには、多方向から照明を当てれば済む。
わかりやすい例として、モデルさんの前方左右から照明を当てれば良い。
とりあえず、これで影を弱める事ができる。

でも、階調というのは影が無ければ存在しないんだね。
明るいところから暗いところへ、スムーズに変化する事によって階調は作られる。
この明暗の豊かさが階調です。
したがって、階調の豊富な写真には物の丸みや立体感が生まれる。
つまり質感を表現できる。

モデルさんの肌の暖かさや丸み。
女性らしい柔らかさを表現するには、大切な要素です。

単純に影を消し去ってみても、フラットな光が出来上がるだけです。
つまり何処を探しても影が無いから、ノッペリとした肌しか再現できない。

階調の潰れた肌は白く飛んでしまいがち。
お肌の荒れは隠せますが、美しいお肌まで飛ばしてしまってはもったいないですね。



関連記事

tags : モデル ポートレート コントラスト 和恵 

コメント

あのフィルターこんな効果になるんですか~
カメラの間に薄いベールを1枚かませたような
柔らかい感じですね!!

光源にディフューザーかませるよりも
このフィルター使った方がやわらかいかな・・・
でもフィルターは本人しか効果はないので
密かな楽しみですね(笑)

2010.04.11  ぽんぽん  編集

ぽんぽん  さん

まだ、一度しか使っていないのでなんとも言えませんが。
どうも、明部のコントラストを下げると言うよりは暗部を持ち上げるといった感じがします。
光によって、効果のほどが随分違うように感じますよ。
かなり使い込まないと、素性がわからないですね。

2010.04.12  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad