写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

便利な落とし穴

2010.05.13

category : ポートレート


照明機材を使って撮影する場合は、誰しも発色に気を使うものです。





Model : 和恵



今はデジカメを使っている人がほとんど。
ちゃんとホワイトバランスというものが付いている。
しかも、オートという設定もある。
オートって、いったい何がオートなんだ?
きっと自動で、ある色温度にシフトしてくれる。
おそらく日中の5500Kなんだろうな。

とりあえず、それで写してモニターで確認して。
ちゃんと写っていれば、それでOKなんだろうな。

これは確かに便利だ。
実際に目で確かめることが出来るんだから間違いない。

先日の撮影会では、タングステンの照明を使っていた。
窓からは当然、自然光が入っている。

このままではミックス光になってしまうから、大型のレフで窓の光をさえぎり、このレフにタングステンの光をバウンズさせた。
他にも窓はあるから完璧とはいかないけど、これで少しは光の整理はつく。

みんなホワイトバランスを調整し始めた。

あるカメラマンのモニターを見せてもらったら。
あれ?
日中に撮影したように補正してあるよ。
どうして?

タングステン光バウンズさせているから、柔らかく室内に廻っている。

あの独特のオレンジ色の光は、まるで夜を演出しているように映し出している。
しかも、モデルさんの横には電球色のテーブルスタンドまでセットした。
そう、よくベッドの横に置いてあるスタンドだ。
ムーディーな光に包まれて、これまでとはちょっと違った演出が出来上がっているはずなんだけど。
真昼間に撮影したように写しては、何の意味も無いね。

あそこにいたカメラマンのほとんどが、そうして写していたんだろうか?

これはいったい、どうしたわけだ?








関連記事

tags : ホワイトバランス カメラマン タングステン光 色温度 和恵 デジカメ 

コメント

その気持ち、よ~くわかります。
カメラマンによってみんな好みが違う、
そしてそれがそれぞれの個性なのかも!?
夜っぽいのが好きやね~ん。昼が好きだがや。
とにかく自分の好きな肌色に近づけたいのさ、とか?
ということで、うまくまとめてみる(笑)

ところでフィルムでもデジタルでも、
カメラはとても忠実なので、同じ設定にすれば、
ほぼ同じ色に写りますけど、
人間の目ってどうなんでしょうね?

1つの白い物体を見た時、HT田口さんの脳に伝達される白の色と、
オイラが脳で認識している白は、全く同じ白色なんでしょうか?
ということを、たま~に考えてしまいます。

2010.05.14  てり  編集

てり さん

人によって色の認識の違いってあるんでしょうね。
でも、それを証明することが出来ない。

デジカメになってから、本当の色が解らなくなってしまいました。
正直に言うと、デジカメで撮った風景写真を見せられても、どう言って良いのかわかりません。

2010.05.14  H.T House 田口  編集

バウンスといえば、

田口 様

ホテルの室内撮りのときに
天井バウンスでいこうと前もって
天井の色と高さを電話で確認してなんとか
いけるかなと思って当日入室したらバウンス
したい場所に空調が!!しかたないので
ベッドをガガガガガと移動して撮影しました
天井にはる白紙とか銀紙とか必要かもしれま
せんね、コメット買えよ!と笑われそうですが・・

2010.05.15  あわおやじ  編集

あわおやじ  さん

確かに室内での撮影は、ある程度機材が無いと太刀打ちできないですよね。
大荷物を抱えて撮影することになります。
でも、工夫次第で何とかなるものですね。
その工夫が、また楽しかったりします。

2010.05.15  H.T House 田口  編集

最近の雑誌の影響が大きいような気がします。
やたらとオートホワイトバランスの正確さを
競う記事ばかりが目立ちますが、自由に色を
決められるのだから自分の好みの色で
いいと思うんだけどな~

露出もそうで適正露出の必要性は無いのに
みんな何故か適正露出になっている。

何のための液晶確認なんだろうか?

カメラは測定器ではなく
表現を手助けするツールなのに・・・

2010.05.15  ぽんぽん  編集

ぽんぽん  さん

まったく、そのとおりなんです。

せっかくのシチュエーションも、オートで撮って終わり。
結局、その狙いが解らない写真が出来上がる。

ここはローキーで撮りたい!
とか、ハイキーにすると面白そうだ!
といった場面でこそ、モニターが役に立つんだけど。
そういった発想がなければ液晶モニターは、ただの露出計だよね。

うちのモデルさんが撮っている写真のほうが、シュールで面白いよ。
彼女たちの自由で囚われない感性が、羨ましいです。

2010.05.15  H.T House 田口  編集

J女が発する色が正しいデジカメの
使い方かもしれない。
一番デジカメでエンジョイしてるような
気がするな~

最初から決めてかからないのがいい。
適正で撮っている人はきっと
感じることを停止させているんだろうな・・・

2010.05.15  ぽんぽん  編集

ぽんぽん さん

そうそう。
デジカメの正しい使い方。
いや、いや、表現の仕方といったほうが良いかも。

私なんかすでに、感じなくなってるから・・・。(笑

2010.05.16  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad