写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

理屈はいらない

2010.06.07

category : ポートレート


出来上がった写真に、理屈をつける必要は無い。

何故なら、意味がないから。





Model : 遠野千夏



必要なのは、理屈ではなく。
感性

それがあれば、写真は撮れる。

面白い、と思う心。
それを写真として残すための、いくつかの作業

この作業の手順や方法で、撮れる写真が違ってくる。

結果的に理に叶っていたから成功することはあっても。
それらは総て、シャッターを押す前に整えておくべきこと。

押してしまってから、理屈をつけても出来上がった写真が変わる事はない

いくつかの作業には、コツがある。
その些細なコツは決定的な差を生み出す。

見て感じたのであれば、シャッターを押すがいい。

感じた物写真になるとき、感じたままで現れるているか?
その隔たりに、多くの人が悩む。

ありのままでは未完成だ。
ありきたりでは表現できていない

写真はカメラが創ってくれる。
だから技術が差を生むしても、それはわずかだ。

結局、表現しようと思えば、このいくつかの作業の中にヒントが隠されていることに気づく。

まず最初にすべき作業は何か。
そこを間違うと、終着駅が違ってしまう。
しかも、戻る為の切符は無い

だから、出来上がった写真に理屈をつけても意味がない。
評論家きどりのカメラマンは一生懸命に理屈をつけようとするけど。
一生懸命になるならシャッターを押す前
押した後に理屈をつけても、得るものは無い。


それは鑑賞者のすべき事であって、表現者のすべき作業は他にあるから。




関連記事

tags : カメラマン 撮影 写真 遠野千夏 

コメント

なれそめも魅力

田口 様

女性写真の場合は、
「どうやって撮ったの?」
「どうやって撮らせてもらったの?」
の話しも魅力ですね
昔しネットアイドルさんで
「足が太いからミニスは、カNGです」と
いっていたお嬢さんが数年後にビキニや
屋内着エロの撮影作品を披露されてました
やらされた感でなくとてもかっこいい
作品でした、交渉秘話とか撮影場所の
人払いマル秘テクとかカメラをやってる
ものとしては、聞きたいですね
役に立つ立たないは、別として聞いてて
楽しいと思います。

2010.06.08  あわおやじ  編集

あわおやじさん

ポートレートは人を写すわけですから、そこに様々な話がありますね。
こうしたお話は楽しいですが、どうも楽しい話ばかりではないようで・・・・。
頭の痛いところです。

2010.06.08  H.T House 田口  編集

感じる心
 
なくしたくないです。

2010.06.09  suisui  編集

suisui さん

そうなんです。

シャッターを押したという事実は、何かを感じたからなんだね。

その何かをきちんと写真で表現できていれば、おのずとその写真は素晴らしい写真になるはずです。

この「写真で表現する」ところに、苦労するわけです。

2010.06.09  H.T House 田口  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad