写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

色温度

2011.01.19

category : ポートレート


の間は、屋外での撮影はどうしても少なくなってしまいます。





Model : メグ



撮影に使えそうな良い部屋があると嬉しいのですが、そう簡単には見つかりません。

ですから、スタジオでの撮影がほとんど。
といっても、囲みの撮影ですので照明は定常光

この色温度が、実に微妙なわけです。
フィルムの私にはちょっと辛い。
その場で確認も出来ないわけです。
したがって、出番が多いのはモノクロフィルム。
ISOが400ですので助かります。
露出もシビアになることがありませんので、撮影に集中できます。

最近はデジカメでの撮影もするようになって、色温度に関しては悩み解決!!

と思ったのですが、どうも、そう簡単には行かないことが解ってきた。
タングステンなどは3200Kと謳ってあるので、それに合わせるんだけど。
どうも思うような色と違うようだ。

結局、いろいろと試してみて「これくらいが良いかな?」

と思って設定した数字が2400Kくらい。

あれ?
こんなに違っていて良いのかな?

さて、光源が蛍光灯となると、5300Kと謳ってあるものの実際に撮影してみるとどうもおかしい。
カタログをよく見ると+-10%となっています。
そんなに誤差があっていいのかな?
いや、色温度がどうとかというよりもポジを見ると緑かぶりが激しい。
これは変だぞ。
単なる蛍光管の固体差か?
それもまた問題だ。
どうも腑に落ちん。

しかも光源と被写体との距離によって、変化が激しい。
厳密に言うと、シャッタースピードによっても変化する。

やっぱり、照明はストロボだね。
これが安心して使える。
私たちのサークルでは少人数で撮影していますので、このストロボで撮影することも出来る。
一番信頼がおける光です。

もちろんシビアに言えば、きりがありませんけどね。



関連記事

tags : ストロボ モノクロ 色温度 メグ 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad