写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

熱中症

2011.08.10

category : ポートレート


そうそう、忘れちゃいけないから書いておこう。





Model : メグ&樹理



ここ数年、夏になると熱中症という言葉を良く聞くね。
死者まで出ているくらいだから、これは恐い。

撮影のときにも、充分気をつけないとね。

カメラマンはもとより、モデルさんが心配なんです。

ポートレートでは、逆光撮影する機会が多い。

つまり、背中に太陽を背負っている状態になるわけです。

首から後頭部にかけて直射日光を受けるようだと、とても暑い。
これは頭を触ってみると、よく解ります。
びっくりするくらい暑くなっちゃうんだよね。

実際に、数年前には撮影中に具合の悪くなったモデルさんがおりまして。

その時は、私がたまたま撮影していたときでした。

モデルさんの緩慢な動き表情から、これはおかしいな。
と気づいたんで良かった。

訊いてみると、やっぱり具合が悪い。

すぐに撮影を中止して、風通しの良い場所へ移動し首元に冷たいタオルを当て冷やしました。
しばらくして元気になったので、大事には至りませんでしたが。

モデルの皆さんは気をつけてくださいね。

決して我慢してはいけません。

体調が悪い時には、すぐに報告すること。

頑張りすぎるのは、絶対によくありませんからね。
とは言え、モデルさんからはなかなか言い出しづらいかもしれない。

でも、無理は絶対いけません。

カメラマンにも充分な配慮が必要ですね。




関連記事

tags : モデル ポートレート 撮影 熱中症 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad