写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

プロの仕事

2011.12.28

category : ポートレート


先日、「コマーシャルフォト」を読んでいたら、写真家の藤井秀樹氏が亡くなられたことを知った。









もう、一年以上も前のようだ。
普段、写真雑誌などに眼を通す機会が少ない私なので、これまで知らずにいた。

藤井秀樹氏と言っても、私より若い世代には知らない人も多くいることだろうと思う。

広告写真の中でも、女性写真に素晴らしい作品を数多く残されている写真家だ。
私が写真に興味を持ち始めた頃、その作品を雑誌でよく見たものです。

たしか、私と同じ CONTAX をお使いになっていたことも記憶している。
その発色の美しさが強く印象に残っている。

氏は仕事に厳しい人だったようで。
代表作である「からだ化粧」の作品製作で、マイクアップアーチストの小林照子さんが、こんなエピソード綴っておられる。

若く色白の肌のモデルさんにボディペイントを施した撮影現場での話だ。
会心の出来栄えに、自信を持って氏のカメラの前に立たせたそうだ。

ファインダーを覗いた氏は「タオルが写ってしまう、もう少し下げて」と指示した。
するとモデルさんは「えーっ」といって嫌な顔をした、その途端、烈火のごとく怒り出したそうである。

「何を勘違いしてるんだ! お前のハダカが見たくて言ってるんじゃない! お前なんか撮らない、帰れ!!」

緊迫と混乱の中、再度、代わりのモデルさんにメイクを施し、撮影にこぎつけたそうである。

プロの仕事の現場に意識の低いスタッフは要らない。
創造する事に意欲のないモデルなら要らない。

氏は、そう言いたかったのだろう。

その後、この作品は世界中の人の眼に留まる事になる。

それもそのはず、氏はなんとポジ原版を人に渡してしまったというから驚きだ。

作品は一人歩きしてしまい、世界中のいたるところで使われ、国内では「なにやら藤井さんと小林さんの作った写真が、えらい事になっているらしいぞ」と話題になったそうだ。

思えばこのモデルさん、勿体無い事をしたのかもしれない。

千載一遇のチャンスを逃してしまったのかもしれないね。




関連記事

tags : コマーシャルフォト女性写真 モデル 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad