写真・しゃしん・シャシン

思うこと、いっぱいあって今を書き留めておきたい。 風景写真にポートレート。 忙しく撮影に駆け回っている。 そんな日々のつれづれを書き綴っています。 お暇がありましたらお付き合いくださいませ。

モデルさん募集
ポートレートサークル「Pam’sG」
プロフィール

H.T House 田口

Author:H.T House 田口
北海道の広大な風景とポートレートなどを撮影しています。
写真に関するあれこれを綴ってゆきます。
私のHPは下のリンク「Northern Gallery H.T House」です。
お暇がございましたら、お立ち寄りくださいね。

Northern Gallery H.T House
http://www005.upp.so-net.ne.jp/h-taguchi/

尚、このブログ内の写真、その他のコンテンツはすべて著作権で保護されております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

写歴

2007.04.30

category : 写真

自分はベテランであるということに、プライドを持っている人がいる。
それはそれで結構だ。

しかし、写歴というものはあてにはならない。
写真は時代とともに変化する。
それは、一時的な流行もあれば、機材がもたらす変化もある。
時代が動けば当然、表現される写真も変わりゆくものだ。
流行を追いかける必要など無い。
しかし、真摯に向かい合ってゆけば、おのずと自身の写真に変化はあるものだ。

写真などというものは一年もやっていると、誰でもそこそこ上達するものだ。
それが普通なのだ。
まったく上達しない人など存在しない。
どれだけ真剣に考え、実行に移すか。
そこで、上達には差が出来るのかもしれないが。
朝寝坊していて、良い風景写真を撮ることは出来ない。
花を踏み荒らしておいて、花の写真を撮ることが出来ないのは当然だ。

経験を積むことによって、知識と技術は自然に身についてゆく。
同時に写真を見る眼が養われる。

しかし、ありがちなのは頭でっかちになってしまうこと。
人の写真ばかりが気になって、自分の写真はそっちのけ。
頭ではわかっていても、自分で写すとなると何も浮かんでこないのでは困りもの。
人の写真を批評することは出来ても、自分の写真で自らを語ろうとしないのは何故だ。

写歴が長いことを鼻にかけるような、みっともない事はよそう。
気になるのは、自分の写真。
どれだけ自分の写真が進化して行けるのか。
その一点のみ。


「Photo Essay」「One Day」より

関連記事

tags : ベテラン 写歴 写真 

コメント

はじめまして。

はじめまして。
ブログ村のトラコミュから参りました。

自分はベテランであるというプライドを捨てました。
やはり写歴だけでは通用しません。
長く撮っているだけは保守的でつまらない写真になってしまいます。
いろいろトライしなければ?!。

2007.06.05  むろんた  編集

むろんた さん、はじめまして。

写真に限らず上手な人は、すべからく謙虚な人ばかりです。
それは、本物を見極める眼と実力を持っているからだと思います。
私もどんどんトライして行くつもりです。

2007.06.06  管理人  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©写真・しゃしん・シャシン. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad